Post Maloneの"Rockstar feat. 21 Savage"が全米シングルチャート1位を奪取

最新のビルボードシングルチャートで、Post Maloneが21 Savageをフィーチャーしたシングル"Rockstar"がナンバー1を奪取した。

これはPost Malone、21 Savageの両者にとっても初めてのこととなり、これまで1位だったCardi Bの"Bodak Yellow"は2位に転落した。

"Rockstar"はリリース週だけでApple Musicで2500万回のストリーミング再生記録を打ち立てるなど、圧倒的にストリーミングで聴かれており、ストリーミングチャートでも3週連続1位となっている。

これまでPost Maloneは"Congraturations"の8位、21 Savageは"Bank Account"での12位が自己最高位となっており、大幅に更新した形となる。

なお同曲は生物学を専攻する大学生Tank Godが手がけたことでも話題となった。

RELATED

21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつき、ディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

21 Savageがキャリアの最初の頃は真面目にラップをしていなかったと明かす

先日、待望のニューアルバム『I Am > I Was』をリリースした21 Savage。 そんな彼がThe Breakfast Clubに出演。これまでのキャリアを振り返っている。

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。