【脇の下こちょこちょスピンオフ 最終回】エミー賞史上最大のサプライズ:ショーン・スパイサーご本人が登場!

FEATURED  2017.09.30  FNMNL編集部

9月17日,テレビ界の祭典であるエミー賞授賞式がロサンゼルスで行われた。スティーブン・コルベアの毒量たっぷりの司会も見事だったが,話題をかっさらったのはショーン・スパイサー元大統領報道官のサプライズ登場だ。アンナ・クラムスキー(『VEEP/ヴィープ』のエイミー役の子)のこの驚きっぷりを見れば,彼の登場がいかに想定外だったかお分かりいただけるだろう。

via GIPHY

舞台に立ったスパイサー氏は「今回のエミー賞の聴衆は過去最大になるだろう。以上!」と発言し,会場を沸かせた。これは例の「大統領就任式の聴衆の数,盛りすぎ事件」を受けたもの。むっつり顔でいかにも融通の利かなそうな彼が,自分を散々笑い者にしてきたコメディアンたちを前に自虐ギャグを放ったわけだから,そのギャップ効果は計り知れない。この瞬間,悪名高きトランプ大統領の元側近に好感を持った人も少なくないだろう。

授賞式後の打ち上げパーティーでも大人気だったようで,スパイサー氏と写真を撮りたがるセレブが続出したとか。しかし,コメディアンのジェームズ・コーデンはこう戒める。

「みんな忘れたのか? あの男はアメリカ国民に嘘をついてきた奴だぞ。受け入れちゃダメだ」

・・・と言うコーデンだが,Variety誌のインスタグラムをのぞいてみると・・・

お前が一番はしゃいどるやないかーい!!!

コーデンはこう弁解する。「僕がショーン・スパイサーにキスしている写真のように見えるけど,スパイサー的精神ではそれは事実じゃない」

代替的事実(=みえみえの嘘)でトランプ政権を支えてきたスパイサー氏を当てこすり,笑いをとったコーデンであった。
---------------------------------
「脇の下こちょこちょスピンオフ」は今日で最終回です。全国500万人のファンの皆様,長らくのご愛読どうもありがとうございました(笑)。

(文・まごおりしんぺい)
https://twitter.com/magochan_www
https://kocho-kocho.blogspot.jp/

MUSIC

FASHION

CULTURE