【脇の下こちょこちょスピンオフ Vol.11】アフガン増派決定:トレバー・ノアが明かした不都合な真実

今月は「ついに干されたか」と思うくらい仕事がなくて暇だったが、アメリカでは実に様々な事件が起きた。シャーロッツビルでの衝突、皆既日食、バノン首席戦略官の更迭、メイウェザーvsマクレガー戦などなど。いろいろあった中、今回は、8月21日に発表されたトランプ大統領の「対アフガニスタン新戦略」を取り上げよう。

 

オバマ前大統領のアフガン戦略をことあるごとに批判してきたトランプ大統領だが、ここにきて一転、増派を決定した。しかし、この“新戦略”の詳細は不明。増派の規模もスケジュールも数値目標も明らかにされていない。にもかかわらず大統領本人は「俺は問題解決屋だ(I’m a problem solver.)」と相変わらず自信たっぷり。

この発言に対して『ザ・デイリー・ショー』の司会者トレバー・ノアはこうツッコんだ。「トランプを問題解決屋と呼ぶなんて、ゴジラを都市計画家と呼ぶようなもんだよ!!」さらにトレバーの攻撃は続く。「トランプが撤退(pull out)しないと決めたのは驚きじゃない。だって子供が5人もいるんだぜ」あえて解説はしないが、”pull out”には別の意味もありまして・・・。

トレバーは指摘する。「今回の演説はどこかで聞いたことがある」と。そしてトランプ大統領の演説とオバマ前大統領の演説が交互に映し出された。

トランプ:”From now on, victory will have a clear definition.”

オバマ:”I owe you a mission that is clearly defined…

トランプ:”We will not dictate the Afghan people how to live.”

オバマ:”We are not in Afghanistan to control that country or to dictate its future.”

トランプ:”We must stop the resurgence of safe havens.”

オバマ:”We must deny Al-Qaeda a safe haven.”

トランプ:”Afghans will secure and build their own nation.”

オバマ:”Afghans will have to take responsibility for their security.”

トランプ:”Our support is not a blank check.”

オバマ:”The days of providing a blank check is over.”

うわっ、ほぼ同じやないか!!!

下線部分を見ても分かるように、随所に似たような表現が使われている。トランプ大統領の発言はオバマ前大統領の発言をちょっと言い換えただけにすぎない。政権交代が起きても軍事戦略は変わらず、メッセージも同じ。大統領がアホであれ、インテリであれ、結局は戦争屋の操り人形になる運命にあるということなのだろうか。軍産複合体を前にしてはアメリカ大統領さえも無力なのかもしれない。コメディ番組なのにこれを見て背筋にうすら寒いものを覚えたのは筆者だけだろうか。

---------------------------------
告知です。私が字幕を担当した映画『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』が9/2よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開されます。「エイリアン」造形の生みの親であるスイス人アーティスト、H・R・ギーガーの生涯に迫った傑作ドキュメンタリーです。詳細はこちら↓

http://gigerdarkstar.com/

320

おどろおどろしくもサイケデリックで美しい世界に思わず引き込まれますよ。ぜひご覧ください。

(文・まごおりしんぺい)
https://twitter.com/magochan_www
https://kocho-kocho.blogspot.jp/

RELATED

Cardi Bのトランプ政権批判動画を用いた楽曲が誕生

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかける動画が先日投稿された。動画は多くの反響を呼び、1500万回を超えて再生された。

トランプ政権によるアメリカ政府の一部閉鎖に対しCardi Bが抗議活動を呼びかける

現在アメリカでは、昨年末より歴史上最長の政府機関閉鎖が行われている。トランプ大統領の推し進めるメキシコとの国境に壁を建設する計画を巡った今回の閉鎖によって政府職員は一ヶ月もの間無給での生活を強いられており、首都ワシントンD.C.では連日デモが続く。そのような現状に対しCardi Bが抗議の声を上げ、ファンたちに行動を呼びかけていることが話題となっている。

アメフトの大学チャンピオンチームにチェーン店のハンバーガーを振る舞ったトランプ大統領をQuavoが批判

昨日アメリカンフットボールの全国選手権のチャンピオン、クレムソン大学のメンバーがホワイトハウスにトランプ大統領を表敬訪問した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。