カクバリズムから新星mei eharaがキセルの辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』をリリースへ

カクバリズムから1991年愛知県生まれのシンガーソングライターのmei eharaが、キセルの辻村豪文プロデュースによる1stアルバム『Sway』を11/8にリリースすることになった。

mei eharaはmay.eという名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表、音楽活動のほか、文藝誌「園」を主宰し、写真やデザインなどの制作活動も行ってきた。活動名をmei eharaに改め1stアルバム『Sway』をリリースする。

『Sway』は作詞作曲はすべてmei ehara本人が担当。彼女の作り出す音楽とその世界観にシンパシーと、大きな才能を感じたキセルの辻村豪文が全面プロデュース。演奏もキセルのふたりが担当している。

mei_rec_fin-1
アルバム完成時の集合写真

ゲストコーラス、フルートにmmm(ミーマイモー)が参加。レコーディング、ミックスエンジニアには中村督を、マスタリングは滝瀬真代を起用している。

同作からカクバリズムのサウンドクラウドにて収録曲「戻らない」のShort verが試聴開始となった。

リリースに際しキセルの2人からコメントが届いている。

meiさんの宅録の塩梅に、なんとなく昔の自分のような

親近感を覚えて、何か手伝えるかもと思った次第です。

作るのけっこう大変そうやのに押しつけてくるものが全然なくて、

けれど頑にそこにあるという独特な感じが、なんかいいなぁと思ったのも大きいです。

吉と出れば幸いです。

アルバム発売おめでとう!

辻村豪文(キセル)

記念すべきファーストアルバムに微力ながら参加出来て嬉しいです。

みなさんのマイベスト棚に並ぶ事間違いなしです!

辻村友晴(キセル)

Info

RELEASE INFO

mei ehara
『Sway』

品番:DDCK-1053
税抜価格: ¥2,500
発売日: 2017.11.8
レーベル: カクバリズム
収録曲
1 戻らない
2 狂った手
3 サイン
4 蓋なしの彼
5 頬杖
6 道路
7 地味な色
8 毎朝
9 街の様子
10 冴える

LIVE INFO

mei ehara『Sway』リリースパーティー
11月11日(土)
会場 原宿VACANT
開場 16:00 / 開演 17:00 / 終演 19:00
前売 2500円 / 当日 3000円
出演
mei ehara (support by キセル) / and more…

TICKET INFO
TBA

RELATED

恒例のカクバリズムの夏祭りが開催決定 | VIDEOTAPEMUSIC、Hei Tanaka、mei ehara 、DISCO MAKAPU'Uなどが出演

恵比寿 LIQUIDROOMの14周年記念公演を兼ねて、今年もカクバリズムの夏祭りが同時開催決定だ。 8/26(日)に開催されるこのイベントには、カクバリズムから作品をリリースしているVIDEOTAPEMUSICやHei Tanaka、mei eharaの他にも藤井洋平 & The V...

カクバリズム代表の角張渉が15年間のレーベル道を語り下ろした書籍『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』が刊行

YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、 キセル、二階堂和美、イルリメ、MU-STARS、cero、 (((さらうんど)))、片想い、VIDEOTAPEMUSIC、 スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、mei eharaと個性的なアーティストが所属するレーベル、カクバリズム。

カクバリズムの15 years Anniversary Specialのライブ映像が一挙公開

昨年11/5に東京・新木場スタジオコーストで開催されたカクバリズム 15 years Anniversary Special。レーベルの15周年を祝し、所属のアーティストが一堂に会したこの日の模様がスペースシャワーTVのアーカイブサイト DAXとluteで同時公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。