Jackmasterが危機に瀕するイギリスのクラブシーンについて語る | 「シーンに根付いたクラブがなければ、クラブミュージックは終わってしまう」

イギリスでは近年、クラブミュージックシーンにしっかりと根付いていた、クラブがことごとく閉鎖されてしまっている。

例えばFour TetやFloating Pointsなどがレジデントを務めていたPlastic PeopleやCableなどが閉店、スコットランドはグラスゴーのビッグベニューのThe Archesもついに閉鎖された。そうした現状について、スコットランド出身のトップDJ、JackmasterがNMEのインタビューに答えている

Jackmasterは自身が最初にクラブに行くきっかけとなった、The Sub Clubなどに触れ、「そうしたシーンに根付いたクラブがなければ、クラブミュージックシーン全体が終わってしまう」と警告を発し、こう続けた「そうしたクラブは自分たちの命の源泉だ。グラスゴーのThe Sub Clubがなければ、おれ自身もこのような活動は確実にできていないだろう」

ロンドンなどイギリスの各地では違法薬物問題などをきっかけに、警察のクラブ側への圧力が年々強くなっており、さらに高騰する家賃の問題とともに、営業できなくなってしまうクラブが増えている。ロンドンのそうしたベニューは2007年の店舗数から35%も店がなくなってしまっている。

RELATED

ロンドンに24時間営業のクラブ『FOLD』が今夏オープン

「オーディオと映像のパフォーマンススペースと、スタジオの集合体」と表現される『FOLD』が8/18にオープン予定。ロンドンの工業地帯にある印刷工場の上に作られたこの施設で、600人キャパのナイトクラブと音楽スタジオが共に24時間営業されるようだ。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。