ベルリンの一部のクラブが「ダンス禁止」ルールと共に営業再開

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、世界的にロックダウンが行われていたここ数ヶ月。ヨーロッパの一部では徐々に状況が改善してきたことに伴い封鎖が緩和されつつあるが、そんな中ベルリンのナイトクラブが条件付きで営業を再開することが発表された。

mixmagの記事によると、ベルリンのクラブSisyphos、Birgit & Bier、Rummels Bayの3つがビアガーデンとして営業を再開するという。営業時間中は音楽は流れるもののダンスは厳しく禁止されており、来場者やスタッフ全員にマスクの着用を義務付けるなど感染対策が徹底されている。

ドイツではロックダウンが緩和されているため、クラブは午後の早い時間から夜10時までの営業という形で徐々に再オープンを試みているようだ。

ここ日本でもクラブの営業が難しく、その影響でクラブの閉店が続くなど厳しい状況に置かれている。多くのクラブはクラウドファンディングといった方法で家賃や維持費といった費用を賄っているが、このまま自粛やロックダウンが続けば全世界のクラブシーンが危ういことは言うまでもない。

クラブでこれまでのようにダンスが出来る日がなるべく早く来ることを願うばかりだ。

related

愛知で開催されたフェス『NAMIMONOGATARI 2021』が感染対策のガイドラインを守らずに大きな批判を浴びる | 来年以降は県施設の使用は不可能に

昨日8/29(日)に愛知・常滑市の愛知国際展示場で開催された野外フェス『NAMIMONOGATARI 2021』が大きな批判を集めている。 国内の世代を超えた人気ラッパーが出演した『NAMIMONOGATARI 2021』だが、観客やアーティストがSNSにアップした画像や動画で、マスクなしで...

岡山の名ベニューYEBISU YA PROが経営危機により2回目のクラウドファンディングをスタート

岡山のライブハウス・クラブとして2010年にオープンしたYEBISU YA PROが、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが効かない状況が続いていることにより、本日5/15(土)から2回目となるクラウドファンディングをスタートさせた。

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。