Cardi Bの"Bodak Yellow"のヒットの背景にはストリーミングサービスのプレイリストの存在が

元ストリッパーの肩書きを持ち、リアリティ番組で注目を集めたCardi Bの"Bodak Yellow"が今なお大ヒット継続中である。

今週のビルボードシングルチャートでも2位を守り、この爆発的ヒットはもはや社会現象であると言えるだろう。このヒットの背景についてビルボードはApple MusicやSpotifyらにインタビューを行ったている。

スクリーンショット 2017-09-20 13.30.48

 

Apple Musicのアーティスト情報収集部門のトップであるCarl Cheryは「ここ2.3年で気づいたことがあるのだが、時折違うところからエネルギーを持ったアーティストが現れてはチャートを登っていくことについてだ。それはヒットというよりむしろ時代の節目だと感じとれる」と話す。

またCardi BのレーベルAtlantic Recordsのブラックミュージック部門代表であるMichael Kyserは「ラジオは今でも音楽業界に強い力を持っているが、AppleやSpotifyやTidalがストリーミングサービスをする限りは、今のところ少しずつ違うことを始めている」と話した。

やはりストリーミング産業が台頭するにつれヒットチャートの中でも少しずつ大きな変化が訪れているようだ。

Apple MusicもSpotifyも双方とも共通してプレイリストに"Bodak Yellow"を入れた瞬間にCardi Bのフォロワーや再生回数が爆発的に増えたと話した。特にSpotifyではRap Caviarという750万人のフォロワーを要するプレイリストの影響が大きいようだ。

Apple Musicの場合はリリースされた週に「Breaking Hip-Hop」というプレイリストに収録したところユーザーの反応が大きかったため、翌週にはさらに大きなA-List Hip-Hopというプレイリストに入れたところ、さらにストリーム数は増えていき、8月で最も再生された楽曲となった。

Spotifyのグローバル部門代表であるTuma Basaは「彼女の再生回数の伸びは綺麗なスキー場のような軌道だった。バニーヒルでも崖でもなく安定したヒットをしていったんだ。」と述べ、ヒットさせようとしたのではなく極めて自然の力でヒットしたことを語った。

インターネットの発達により個人で好きな曲を探すという行為がとても簡単になったと感じる人は多いだろう。好きなジャンルで曲を探したい人にとってプレイリストは非常に大きな仕事を担っている。自分で曲を探せる時代だからこそプレイリストが音楽業界に与える影響は大きいのだろう。

"Bodak Yellow"は本日、Kodak Blackをフィーチャーしたリミックスが公開。そもそも"Bodak Yellow"自体がKodakの楽曲"No Flockin"のフロウを使用しているということもあり、本家との共演という形だ。このリミックスのリリースで"Bodak Yellow"にさらなる勢いがつくことは間違い無いだろう。

RELATED

Cardi Bが「数字は嘘をつかない」とNicki Minajをディス│夫のOffsetもビーフに参加

Travis Scottとの問題も解決しないまま、新たに始まったNicki MinajとCardi Bのビーフ。Cardi BはNicki Minajによる「同情と賄賂でキャリアを築いた」などのディスや娘のKultureちゃんの育て方に文句をつけられたことに耐えきれなかったのか、先日開催されたICON’Sパーティにて靴を投げつけ、とうとう取っ組み合いの喧嘩に発展してしまった。

Cardi Bをテーマにした社会学のカンファレンスが開催

黒人社会学者協会(Association of Black Sociologists)が毎年開催するカンファレンスイベントが今年はCardi Bをテーマにした。社会学的観点でCardi Bを見た社会学者達によるトークイベントと討論会である。

Cardi Bが元マネージャーを訴える

先日、自身の楽曲“I Like It”が全米シングルチャート1位を獲得し、史上初めて複数の楽曲で1位になった女性ラッパーとして大きな話題を呼んだCardi B。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。