Donald GloverがChance The Rapperとのコラボ作を子供の集団に脅されリリースを約束

ドラマ『Atlanta』でエミー賞のコメディー部門の主演男優賞などを受賞したChidish GambinoことDonald Gloverが、近年噂され続けているChance The Rapperとのコラボミックステープについて言及した。

Childish Gambino名義での活動を引退する意向を固めているGloverは、授賞式後の記者会見で、Chanceとのコラボミックステープについて語った。

「もし俺がChanceとのミックステープを出さなかったら、14歳のキッズたちの集団にケツを蹴られちゃうんだ。彼らはおれを呼び止め脅してきたから、何かをやらなきゃね、約束するよ」と、子供たちにリリースを切望され脅された旨を話し、リリースを約束した。

ChanceとGloverのミックステープについては2014年からそのプロジェクトが言及され、今年の初めにもいよいよプロジェクトが始動といった報道がされ話題になり続けている。

RELATED

Kanye WestがChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』をリリースへ

現在ニューアルバムを制作中のChance The Rapperは、その傍らでKanye Westとの7曲入りのコラボ作も制作していると先日述べていた。

批判されていたシカゴ市長が辞職 | Chance The Rapperが喜びのコメント

Chance The Rapperといえば、地元シカゴへの愛とそこに貢献するための活動を積極的に行うことで知られている。そんな彼が、今まで議論の対象となっていた現シカゴ市長のRahm Emanuelが辞意を表明したことについてコメントした。

Run-DMCのDMCがヒップホップシーンに苦言を呈し「Kendrick LamarやChance The Rapperと共に今のヒップホップを乗り越えるべき」と語る

言わずと知れた80年代の伝説的なグループRun-DMCのラッパーであるDMCが、現在のヒップホップシーンに対して苦言を呈している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。