Lil Uzi Vertがライブ中にダイブした時に紛失した携帯には、リリース前の『Luv Is Rage 2』のトラックが収録されていた

デビューアルバム『Luv Is Rage 2』が現在大ヒット中となっているラッパーのLil Uzi Vert。

Lil Uziといえばステージからの過激なダイブでも話題だが、そのダイブでデビューアルバムが台無しになるかもしれない事態が起こっていたという。

Vultureが現代のヒットチューンが、どうやって生まれるかをまとめた記事で、Lil Uziの"XO Tour Llif3"が取り上げられている。2月にSoundCloudにアップされた同曲は、これまでに様々なストリーミングプラットフォームで13億回以上再生されている。レーベルはこの1曲だけで5億円近い売り上げを得ているとVultureの記事で明らかになっている。

同曲はThe Weekndとのツアー中にアップされたものだが、Lil UziはThe Weekndとのヨーロッパツアー中のあるステージで、いつものようにダイブを敢行したところ、持っていた携帯電話を紛失、携帯はすぐに新しいものに取り替えられたというが、紛失した携帯には『Luv Is Rage 2』の収録曲のデータが入っていたと明かされている。この事態にレーベルの担当者は激怒したという。

実はLil Uziは2016年にもYoung Thugなどとのコラボ曲のデータが収録されている携帯電話を紛失したことがあり、その時は曲がネット上にリークされてしまった。今回はリークは免れたものの、もしリークされてしまったら、『Luv Is Rage 2』は今の形でリリースされていただろうか?

RELATED

Lil Uzi Vertがアートワークに使ったカルト宗教団体『Heaven’s Gate』はなぜ様々なアーティストに影響を与えたのか

Lil Uzi Vertがカルト宗教団体『Heaven’s Gate』を模したデザインの新作アートワークを公開した。『Heaven’s Gate』はこれまで様々なアーティストの作品の元ネタとなっている。なぜ宗教や宗教のシンボルはアーティストにインスピレーションを与えるのか。Geniusの記事で、レイクフォレスト大学の准教授であり、宗教学や『Heaven’s Gate』について研究しているBenjamin Zeller教授が理由を明かしている。

Lil Uzi Vertの新作『Eternal Atake』のアートワークの元ネタとなった宗教団体『Heaven’s Gate』の残党が抗議

先日発表されたLil Uzi Vertの新作『Eternal Atake』のアートワークは、90年代にアメリカで有名だったカルト宗教団体『Heaven’s Gate』のロゴを模したものであった。Uzi本人はこのアートワークが正式なものなのか、あるいはトラックリストに用いるだけなのかを明言しない姿勢をとっているが、それでもこのユニークなデザインは大きな話題を呼んでいる。

Lil Uzi Vertがアメリカのカルト宗教団体のロゴを模した新作のアートワークを公開

Lil TracyやJuice WRLDのシングルにフィーチャリングされるなどコンスタントな活動を続けているものの、昨年発表されたデビューアルバム『Luv Is Rage 2』以来まとまった作品をリリースしていないLil Uzi Vert。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。