CONVERSE TOKYOとDIM MAKのコラボラインがスタート

CONVERSE TOKYOから新たなメンズラインとして、Steve Aokiの運営するレーベル/ブランドDIM MAKとのコラボラインがスタートする。

DIM MAKは1996年に音楽レーベルとしてスタートし、2006年からファッションラインを展開。2015 - 16年秋冬シーズンから新たにアパレルコレクションを立ち上げ、「BY ANY MEANS NECESSARY(とにかく絶対やる!)」をテーマにファッションピースを発表している。

100年以上続く歴史の中でCONVERSEには、必ず音楽やカルチャーが登場してきたこともあり、今回のDIM MAKとのコラボレーションは必然的なものになる。

『CONVERSE TOKYO × DIM MAK』の 1ST COLLECTION は3月下旬から行われる展示会にて発表。2017年8月中旬より順次発売予定だ。

 

問い合わせ先
株式会社メルローズ コンバーストウキョウ事業部 TEL:03-3464-3891
converse-tokyo.jp

RELATED

BILLY’S別注でクレイジーパターンのCONVERSE『ALL STAR J』が発売

シューズショップとしては初のコラボレーションとなるBILLY’SがCONVERSEがMade in JAPANモデル、「ALL STAR J」をクレイジーパターンにしたプロダクトをリリース。

DIM MAK 2017AW COLLECTION LOOKBOOK

Steve Aokiによって設立された音楽レーベルで、2015年からアパレルコレクションも立ち上げたDIM MAKの2017AW COLLECTION LOOKBOOKが公開された。

DIM MAKの2017 SS COLLECTIONでは映画『キッズ』と『憎しみ』にフォーカス

Steve Aokiらによるレーベルとしても高い人気をほこるDIM MAKの2017 SS COLLECTIONが公開された。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。