Usherの性病問題で性的関係を持っていた男女が次々と告訴へ

MUSIC  2017.08.09  FNMNL編集部

アメリカのR&B歌手、Usherが先月、過去に性的関係を持っていた女性に一億円を超える示談金を支払った。理由は性病ヘルペスを患っていたにも関わらず隠して避妊具無しで性行為に及んで感染させたため。このニュースがメデイアに報道されUsherのヘルペスが発覚。それをキッカケに次々と過去にUsherと性的関係を持っていた人達が告訴した。新たに男性一人と女性二人が彼を訴えたとのこと。

Usherがヘルペスと診断されたのは2009年から2010年の間。彼は性病と知りながらも「検査は受けた」と嘘をつきながら、多くの女性と肉体関係を持った。カリフォルニア州では性病であることを隠しつつ他人に感染させるのは違法である。

Usherが性病を女性に感染させて示談金を支払ったニュースが報道された後、ヘルペスを移されたと訴える別の女性も20億円超えの示談金を求めて訴訟。

そしてさらに今月新たに、二人の女性と一人の男性が告訴を決意。この三人が肉体関係を持ったのは2012年以降である。またもやヘルペスであることは隠されていたようだ。三人のうち二人は感染の危険に晒されたと訴えており、一人はすでに感染しているとのこと。

人気歌手であり、相当モテていたUsher。このニュースが公になったことで、他にも彼のヘルペスを知らずに行為に及んだ被害者たちがこれからも名乗り出る可能性がある。Usherのヘルペス騒動はまだしばらく続きそうだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE