Chance The RapperがSoundCloudを救うために立ち上がる

MUSIC  2017.07.17  FNMNL編集部

経営危機が伝えられているSoundCloudを救うために、またもやChance The Rapperが立ち上がった。

これまでも地元シカゴの公立学校を守るために、多額の寄付を行ったりと様々な社会的貢献を果たしてきたChance The Rapperが、危機に瀕している音楽プラットフォームのために動き始めた。

Chanceは7/14にSoundCloudのCEOであるAlex Ljungと話し合ったとTwitterで報告、「SoundCloudはこのままだよ」ととりあえずの危機は去ったことを明かす。

その前日にChanceは「SoundCloudの件で動いている」とも言っていた。

いつも通りの素早い行動力だが、ChanceとLjungとの間でどのような話し合いがもたれたのかはわかっていないが、SoundCloudもTwitterで、「SoundCloudにアップされた曲も、私たちもどこにもいかない」と閉鎖の噂について否定した。

そしてさらにChanceはSoundCloudに人を呼び寄せるためだろうか、Young Thugとのコラボ曲"Big B's"をSoundCloudのみで公開した。

常にパーソナルな範囲内で、できることをし続けるChanceのアイディアと行動力は素晴らしいものがある。

MUSIC

FASHION

CULTURE