Chance The RapperがSoundCloudを救うために立ち上がる

経営危機が伝えられているSoundCloudを救うために、またもやChance The Rapperが立ち上がった。

これまでも地元シカゴの公立学校を守るために、多額の寄付を行ったりと様々な社会的貢献を果たしてきたChance The Rapperが、危機に瀕している音楽プラットフォームのために動き始めた。

Chanceは7/14にSoundCloudのCEOであるAlex Ljungと話し合ったとTwitterで報告、「SoundCloudはこのままだよ」ととりあえずの危機は去ったことを明かす。

その前日にChanceは「SoundCloudの件で動いている」とも言っていた。

いつも通りの素早い行動力だが、ChanceとLjungとの間でどのような話し合いがもたれたのかはわかっていないが、SoundCloudもTwitterで、「SoundCloudにアップされた曲も、私たちもどこにもいかない」と閉鎖の噂について否定した。

そしてさらにChanceはSoundCloudに人を呼び寄せるためだろうか、Young Thugとのコラボ曲"Big B's"をSoundCloudのみで公開した。

常にパーソナルな範囲内で、できることをし続けるChanceのアイディアと行動力は素晴らしいものがある。

RELATED

G HerboがChance The RapperはKanye WestやMichael Jordanよりもシカゴに貢献していると語る

今日、プロデューサーのSouthsideとコラボした作品『Swervo』をリリースしたシカゴのラッパーG Herbo。

Chance The Rapperが4曲の新曲をサプライズリリース

今週一度はアルバムのリリースが報じられたものの、Twitterで本人が否定したChance The Rapper。

Chance The Rapperが今週のアルバムリリースを否定

SUMMER SONICでの来日も間近のChance The Rapperが、今週アルバムをリリースするとChicago Tribune紙が報じたが、Chance自身がTwitter上でアルバムリリースを否定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。