アメリカのニュースキャスターがProdigyを追悼して生放送でMobb Deepのリリックを使って報道

MUSIC  2017.06.24  FNMNL編集部

6月20日に亡くなったMobb DeepのProdigy。偉大なアーティスト達、さらに野球チームまでもが彼への追悼の意を表し話題になっている。さらに驚くことにアメリカのテレビ局のニュース番組が生放送中にMobb Deepの歌詞を引用して報道した。

Prodigyへのトリビュート報道をしたのは、アトランタ州のテレビ局『WSB-TV』。生放送のニュース番組中に交通情報をMobb Deppの歌詞を引用しながら報道した。

生放送の朝のニュース番組。早朝の交通情報の時間となり、スタジオ側のニュースキャスターFred Blankenshipから交通報道のMark Arum担当の交通ニュースに切り替わるのだが、Fredがいつもどおり「おはようございますMark Arumの交通情報の時間です」と言う際に、「Markの交通情報」のことを「Traffic prodigy」と亡くなったProdigyの名前をつけて呼んだ。

スタジオが切り替わりMarkの交通ニュースが始まるのが、まず最初に「”last name English, first name Olde”によると85号線は空いています」と、Mobb Deepの曲『Drink Away the Pain』の歌詞をワンフレーズ使ってから交通ニュースを開始した。

その後も交通ニュースになるたびに二人はMobb Deepの歌詞を引用。渋滞している高速道路の説明をしながら「Pushing lexuses, whearing fat diamond rings」と間に挟んだりと、次々と歌詞を挟んで報道。

交通ニュースの最後は「さらに詳しい交通ニュースはツイッターのアカウントで」とツイッターのアカウントを紹介するのだが、今回は『Right Back At You』の歌詞「You buckin' me, I' m buckin' right back at you」を引用し、「You tweeting me, I’m tweeting right back at you」とツイッターを文字った歌詞で締めた。

Mobb Deepの歌詞を使った箇所だけがピックアップされている動画がこちら

この二人のコンビが交通ニュース報道ちゅうにラッパーへトリビュートを捧げるのは今回が初めてではない。先月は2Pacの誕生日と『All Eyes On Me』公開を祝して2Pacの歌詞を引用しながら報道。過去にはNotrious B.I.GやA Tribe Called QuestのPhife Dawg追悼の際にも歌詞を引用した交通ニュース報道を行い、敬意と遊び心のある彼らの交通ニュースはお約束となっているようである。(小林一真)

MUSIC

FASHION

CULTURE