Kendrick Lamarが日曜日にもう1枚アルバムをリリースする説 | キリスト・マトリックス・Spotify

ニューアルバム『DAMN.』をリリースしたばかりの、Kendrick Lamarが日曜日にもう1枚アルバムをリリースするのではないかという説がインターネット上を飛び交っている。

掲示板サイトRedditでささやかれている、日曜日に別のアルバムをリリースするという説の根拠は、上記のツイートにまとまっている。

まずLamarは『DAMN.』の冒頭で、銃弾を受けて死んでしまっているが、最後の曲で復活する。Lamarが敬虔なキリスト教信者であるということから、これをキリストの復活になぞらえ、日曜日にもう1枚のアルバムで復活することを示唆していると推測されている。

キリストといえば先行シングル"HUMBLE"のミュージックビデオ内でLamarは、『最後の晩餐』でのキリストのポジションに、自分を置いている。

Kendrick Lamar

さらにLamarのレーベルTDE所属のプロデューサーSoundwaveのこのツイートが、その推測を、さらに補強している。

Soundwaveはこの2つのツイートでなにを言っているのだろうか。1つ目のツイートでは『このバージョンはオフィシャルではない」、そして2つ目のツイートは映画『マトリックス』のキャラクター、モーフィアスの画像だ。モーフィアスは映画内で主人公のネオ(救世主としてみなされる)に対し、赤色と青色の錠剤を1つずつ渡すシーンがある。

Kendrick Lamar

そう『DAMN.』のアルバムカバーは赤い壁の前で、佇むLamarの写真に赤い文字でタイトルが書かれている。さらにLamarはなぜか『DAMN.』に収録されなかった"The Heart Part 4"で「おれの新しいアルバムはTOCだ」と歌っている。このTOCというのが「The Other Color」=もう1つの違う色という意味ではないかと言われている。それがモーフィアスがネロに差し出した赤と青の薬の色を意味するなら、『DAMN.』は赤で、もう1作は青になるはずだ。

そして青を指し示す証拠がSpotifyのLamarのページにちょうどアップされたのだ。

Kendrick lamar

更新されたアーティスト写真はなんと青い壁の前に佇むLamarの姿が。もちろんこれはネット上のユーザーたちの推測の域を超えてはいないが、こんなに色々とつながっていくものだろうか?『DAMN.』を聴きつつ日曜日を待ちたい。

 

RELATED

Anderson .Paak とKendrick Lamarがコラボレーションシングル"TINTS"をリリース

先日よりアナウンスされていたAnderson .PaakとKendrick Lamarによるコラボ曲"TINTS"が10月4日(木)にリリースされた。

Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている。

Anderson .PaakとKendrick Lamarのコラボ曲がリリースへ

Dr. Dreがプロデュースし制作されてきたアルバムが完成したと報告を行ったAnderson .Paak。この作品にはまだどんな楽曲が収録されるかはわかっていないが、ビッグコラボチューンも収録されそうだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。