Joey BadassがHot 97に出演しNYのラジオ局を痛烈に批判「NYのラジオ局は何年も止まったままだ」

ニューアルバム『All-Amerikkkan Badass』を本日リリースしたばかりのラッパーのJoey Bada$$が、地元NYの名門ラジオ局Hot 97の番組に出演し、同局を含めNYのラジオ局を痛烈に批判した。

Bada$$はNYのラジオ局が、ここ何年もずっと止まったままで成長していないと指摘、さらに音楽業界でアーティストと業界関係者の間で溝が出来ているもあわせて語っている。

「年寄りたちは古いやり方のままやって、新しいアーティストは自分たちのやり方でやっている、それで新しいアーティストが勝っている」と話すBada$$は、フォーカスをNYのラジオ局に合わせる。Hot 97への愛情を示すBada$$だが「NYのラジオ局には、新しいEbro、Funk Flex、Peter Rosenbergが必要だ。彼らはずっと同じ椅子に座ったままだ」と世代交代の必要性を訴える。

さらに「成長させていかないと、若手を育てないと、あなたたちのやり方は変わってない。おれのやり方だとNYのラジオ局はここ何年もずっと止まったままだ。ずっと同じ。他のみんなに負けちゃってるんだよ。アトランタに負け、LAに負け、なぜかわかる?LAもアトランタの連中も若い奴らを巻き込んでやってるんだ、そしてちゃんと地元のアーティストをサポートしているんだよ。地元のポピュラーなアーティストだけじゃなくてさ。いかなる理由であっても、それは否定できない」とNYのラジオ局が、しっかり地元の若いアーティストをサポートできていない現状に対し、辛辣な批判を加えた。

Bada$$はHot 97のFunk Flexの番組についても言及し、「Funk Flexへのディスじゃないよ、でもFunk Flexはネットでバズる曲しか知ろうとしない。バズるまで何ヶ月も放置だ。Funk Flexだけじゃなくて、大抵のラジオがそうだよな」とも話した。Bada$$のインタビューはこちらで見ることができる。

RELATED

Kanye Westの曲作りのプロセスの秘密をVic Mensaが明かす

Vic Mensaが番組『HOT97』のインタビューに出演した際に、Kanye Westとの関係、彼の作曲について語った。

Joey BadassがLogicとのツアーを3箇所キャンセル | 皆既日食を直接見たのが原因か?

ラッパーのJoey Bada$$は、昨日Twitterで現在サポートアクトとして出演しているLogicの『Everybody Tour』の3箇所のスケジュールをキャンセルしなければいけないと発表した。

Joey Badass、JAY-Zのニューアルバム『4.44』に影響を与えたと語る

今週水曜日、Joey BadassがMontrealityのインタビュー動画に出演した。その際に、JAY-Zの最新作『4.44』はJoey Badassのラップに影響を受けていると語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。