Kanye Westの曲作りのプロセスの秘密をVic Mensaが明かす

Vic Mensaがラジオ局『HOT97』のインタビューに出演した際に、Kanye Westとの関係、彼の作曲について語った。

Kanye Westとは曲”Wolves”でもコラボしているVic Mensa。公開された『Hot97』の約1時間のインタビュー動画内でVic Mensaは、Kanyeとスタジオに入ったエピソードと、Kanyeの作曲プロセスについて言及した。Vic Mensaによると、Kanyeは彼を囲む人々の一番ベストな部分を集めて曲を作っているとのこと。Kanyeをラッパーとして評価する時、多くの人がゴーストライターに疑惑で彼を避難するが、Vic MensaはKanyeは中心に立ち指揮者的な役割であると、彼の作曲方法を支持した。

実際のどのように一緒にスタジオに入ったのかをVic Mensaは詳しく説明した。スタジオ内でKanyeがビートを流すと、複数人でマイクを囲んでフリースタイルを行った。フリースタイルをして様々な言葉やフロウが飛び交い、それについて一歩後ろで見ているKanyeがアドバイスなどをしながらアイディアを固めていくようだ。

フリースタイルでのVic Mensaのアイディアを気に入られ、Kanyeのアルバム『The Life of Pablo』の制作初期段階を手伝うことになったようだ。「フリースタイルは俺のラップの基礎。思いついたフレッシュなアイディアをどんどん出していくことができる」と、フリースタイルをさせてアイディアを集めるKanyeの作曲方法は、仲間と楽しくフリースタイルをしてきたVic Mensaと相性が良いらしい。

この手法を聞くとKanyeはゴーストライターに頼りすぎだと感じるかもしれないが、Vic Mensaは「Kanyeの曲でいちばん重要な役割を果たしているのはKanye本人。Kanyeの作ってくる、詞を入れる前の状態がすでに一番ドープだ」と、あくまでKanyeの曲はKanyeが中心であり、クリエイティブな作業をしていると強く主張した。

約1時間のインタビューでは他に、Chance, The Rapperとの関係やDJ Academicsに対して怒った理由などについても語った。インタビューはこちら

RELATED

Kanye WestがCoachellaの「Sunday Service」セットで新曲“Water”を披露

アメリカで現在開催されているCoachella 2019。その中で今日行われたKanye Westの「Sunday Service」セットでのライブが大きな話題を呼んでいる。

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。