DJ KhaledがSnapchatで大声を出して婚約者に「黙れ」と叱られる

アメリカのヒップホップシーンでSnapchatの王様といえば、DJ Khaledのことで間違い無いだろう。Khaledはその愛すべきキャラクターと、おそろしい更新頻度でファンを増やし続けている。

そのKhaledがいつものように自宅でSnapchatに興じていたところ、婚約者のNicole Tuckに叱られる事件が発生した。

Khaledはリリース予定の新作『Grateful』に参加予定のDrakeが、中々参加曲のボーカルを送ってくれないことを気にかけており、Snapchatで何度もTuckに向かって「Drakeのボーカルはまだ送られてないの?」と大声で問いかけている。Tuckに無視されると、今度は「ハニー、僕のことを愛してるかい?」とKhaledは再び大声で問いかけている。

それを軽くあしらったTuckに対し、Khaledは再度子供みたいに大声で「Drakeのボーカルはまだ送られてないの?」叫んだところ、Tuckは冷めた声で「黙れ」と一喝。TuckはKhaledの大声で息子のAsahdくんが起きてしまうと冷静になるよう促している。その後も駄々をこねるKhaledと、それを冷静にはねつけるTuckのやり取りで、このSnapchatは終了した。

この赤裸々な感じがKhaledがSnapchatで圧倒的な人気を誇る秘訣かもしれない。この動画は下記で見ることができる。

RELATED

DJ Khaledが仮想通貨ビジネスの利益を横領した罪で起訴される

DJ Khaledが仮想通貨詐欺の容疑で起訴されていることが分かった。仮想通貨を用いたクラウドファンディングで投資された金額を開示しなかったことが原因だという。

DJ Khaledが息子のAsahd君と一緒にエクササイズ

DJ Khaledといえばアルバムや曲のジャケットに使ってしまうほど、息子のAsahdくんを溺愛していることで有名だ。

DJ Khaledが自分の作品に参加しているアーティスト同士のディスに気づかないこともあると認める

DJ Khaledのニューアルバム『Grateful』には多くのビッグアーティストが参加している。というより彼のこれまでの作品に参加したアーティストはほぼ有名アーティストばかりである。そして中にはDrakeとJAY-Zのように、同じKhaledの作品に参加していながら、微妙な関係性のアーティストも存在する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。