DJ Khaledの新作が全米ヒップホップ/R&Bアルバムチャートで1位に|「俺は音楽ビジネスをやってる、バンドルビジネスじゃない」とコメントしTyler, The Creatorに嫌味を言う

先月にリリースされたDJ Khaledのアルバム『Father of Asahd』。Cardi B、21 Savage、Travis Scott、Meek Millを始め豪華なゲストをフィーチャーしたもののTyler, the Creatorのアルバム『IGOR』に初週のチャートで敗北したことも話題となった同作が今回、全米ヒップホップ/R&Bアルバムチャートで1位となった。

今週月曜日、DJ KhaledはInstagramにBillboardのチャートの画像を投稿。1位となったことを喜び、「俺は音楽ビジネスをやってる。バンドルビジネスじゃない」とコメントした。

XXLによるとDJ Khledのこのコメントは、Tylerの『IGOR』の売り上げにマーチャンダイズが大きく影響しているという記事がNew York Timesから出ていたことを踏まえてのものだという。曰く、両者の再生回数はほぼ互角だったものの、Tylerの『Vote IGOR』アパレルキャンペーンが売り上げとして加算され、DJ Khaledが行っているエナジードリンクビジネスの売り上げがBillboardにチャート成績として加算されなかったことがDJ Khaledの敗因とのこと。確かにTylerはアルバムのマーチャンダイズを積極的に売り出していたが、自身のビジネスがアルバムの売り上げとして加算されなかったがためにTylerを「音楽で勝負していない」と腐すのは負け惜しみであるようにも見える。

その上、Page SixによるとDJ Khaledはエナジードリンクの売り上げがBillboardに認められなかったことを不服に思い「BIllboardを訴える」とまで言いだしているという。彼はチャートで『IGOR』に敗北した際に「激怒して取り巻きと共にEpic Recordsに押しかけ、怒って叫び癇癪を起こした」というエピソードを近しい人物が語っており、よほど1位を取りたかったことが分かる。

TylerはDJ Khaledの言動をネタにして楽しむことはしつつも直接的なリアクションはとっていないが、あるTwitterユーザーの「DJ Khaledのアルバムは、誰かがゴミみたいな服装をしてるのにそれぞれのアイテムがブランドものだからイケてると思われるのと似てる」という投稿にいいねをしている。

ビーフとして表面化はしていないものの、ピリピリとした雰囲気を感じられるDJ KhaledとTyler, the Creator。今後二人の関係に新たな動きは生まれるのだろうか?

RELATED

Tyler, The Creatorの楽曲“Radicals”のリリックを大学構内に書いた大学生が起訴される

デビューした当時は過激なリリックで知られ、その内容が社会問題にもなったTyler, The Creator。その初期の楽曲のリリックを巡って、またもやトラブルが起こってしまったようだ。

Tyler, The CreatorがBillie Eilishに「コラボしたい」とラブコールを送る

1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』で全世界を席巻し、言わずと知れたスターとなったBillie Eilish。そんな彼女に対し、Tyler, The Creatorがラブコールを送ったことが話題となっている。

LACOSTEとTyler, The CreatorのブランドGOLF LE FLEURのカプセルコレクション

LACOSTEとTyler, The CreatorのブランドGOLF LE FLEURのカプセルコレクションが、7/17(土)に東京・渋谷のビームス メン 渋谷などで発売となる。 Tylerは自身のミュージックビデオでも比色分析のブループリントを自身のビデオやパフォーマンスの中で好んで使って...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。