Denzel Curryが『ワンパンマン』や『UNO』について熱く語る

ニューアルバム『ZUU』をリリースし、XXLの企画で披露した見事な自画像も話題を呼んだDenzel Curry。そんな彼が、GQのインタビューに答え「無いと生きていけないもの」を紹介している。

Denzezl Curryは愛用のジュースミキサーを見せ「俺はジュースを混ぜるのが好きだ。親父に使い方を教えてもらったんだ」と語った後、日本のコミック『ワンパンマン』を紹介。「これはツアー中にずっと読んでたんだ。面白いからな。主人公は無敵で、それが面白い。主人公じゃなくて、その周りにフォーカスしてるんだ」と作品の内容を紹介し、「『ワンパンマン』と『モブサイコ100』を作ったONEは神だ」と原作者のONE氏を絶賛している。『ワンパンマン』の主人公は筋トレによって無敵の力を手にいれたというキャラクターであり、筋トレを趣味としているDenzel Curryもそこに共感したのだろうか。他にもトッド・マクファーレンやH・R・ギーガー、『ドラゴンボール』の鳥山明を好きなアーティストとして挙げている。

その後もお気に入りのゲームとして『JUMP FORCE』という少年ジャンプ作品のキャラクターの格闘ゲームを紹介し、「みんなはこのゲームが好きじゃないけど、俺は友達や家族、彼女と遊んでいたから好きだ」と語るなど、漫画がかなり好きであることが窺えるインタビューとなっている。

さらに『ドラえもん』のUNOカードを取り出し、「みんなは馬鹿馬鹿しいルールで遊んでいる。ワイルドドロー4にドロー2を重ねて、他の誰かに回るようにすればゲームがもっと楽しくなるんだ」と、UNOのオフィシャルルールに文句を言い楽しいUNOの遊び方を提案するなどチャーミングな一面も見せた。

インタビューではグリルズや服などのラッパーらしいアイテムや筋トレのグッズも紹介しているが、その中で漫画やゲームなどナードな趣味を紹介する辺りがDenzel Curryの独特かつ魅力的な部分だろう。

GQのインタビュー全編はこちらから観ることが出来る。

RELATED

Billie Eilishが好きなラッパーについて語る

今年3月にデビューアルバム『When We Fall Asleep, When Do We Go?』をリリースしてからというもの、一気にスターダムを駆け上がり、一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたBillie Eilish。そんな彼女が今回XXLのインタビュー企画『Hip-Hop Junkie』に登場。自身の好きなラッパーについて語っている。

Denzel Curryが足を捻挫し車椅子でライブを行うも普段通りぶち上げる

常にストイックな姿勢を見せ、ハードなライブパフォーマンスを行うことで知られるDenzel Curry。そんな彼がライブの最中に暴れすぎて足を怪我してしまったようだ。 XXLが報じるところによると、Denzel Curryは先週土曜日のダブリンでのライブの最中に飛び跳ねた勢いで足を捻挫してしまっ...

Denzel Curryが見事な自画像を描く

ニューアルバム『ZUU』が好調なDenzel Curry。そんな彼が、インタビューに応えながら自画像を描き、見事なドローイングスキルを見せた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。