Tyler, the Creatorが『IGOR』についてのDJ Khaledによる「ミステリアスなやつ」というコメントをネタにして楽しむ

先月の半ばに同時リリースされ、苛烈なチャート争いを演じたTyler, the Creatorの『IGOR』とDJ Khaledの『Father of Asahd』。『IGOR』が全米アルバムチャート1位に輝くという結末に落ち着いた二人の争いだが、その際DJ Khaledが発したコメントをTyler, the Creatorがネタにしている。

Complexによると、DJ Khaledは『Father of Asahd』が初登場2位となったことについて現在削除された動画の中で「俺はみんなが聴けるアルバムを作った。実際、みんなは聴いている。車を運転していれば、他の車も俺のアルバムを流しているだろう。床屋に行っても流れている。ラジオをつけても流れてる。どこでも流れているし、それが素晴らしい音楽ということだ。実際に曲が聴かれているのがアルバムというものだ。ミステリアスなやつじゃなくてな。あれは聴こえてこないだろ」とコメント。暗に『IGOR』を「ミステリアスな、誰も聴かないアルバム」と腐しているようにも受け取れるこの発言を受けて、TylerはDJ Akademiksによる「Tyler, the CreatorとDJ Khaled、どっちが良いアルバムを作った?」という投稿に対して自ら「誰がTyler, the Creatorなんか聴いてるんだよ?」とコメントをつけ、自虐ネタを披露。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tyler the creator chimes in 😂😂

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

さらに続けて、「あいつのマディソンスクエアガーデンでのライブは完売したけど、それでも人生でTylerの曲を聴いたことなんか一度も無いよ」と嫌味を飛ばしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I hope Khaled don’t see this... he ain’t gonna like this mysterious sh*t.

DJ Akademiksさん(@akadmiks)がシェアした投稿 -

実際のところDJ Khaledは先の発言を「Tylerに向けたものではない」としているが、状況が状況だけにチャートで負けた悔しさを滲ませた発言と受け取られても仕方がないものではある。

それにしても、TylerがDJ Khaledに腹を立てずジョークで済ます和やかな着地に落ち着いて何よりといったところだろうか。

related

Tyler, The CreatorがOdd Futureの新作がリリースされる可能性を「ありえない」と否定

昨年リリースのアルバム『IGOR』でグラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞するなど、今やアーティストとして不動の地位を確立したTyler, The Creator。そんな彼といえばFrank Ocean、Earl Sweatshirtらを擁するコレクティブOdd Futureのリーダーとしてデビューしたが、現在は活動を実質的に休止している同コレクティブについてTylerが語っている。

Virgil AblohがTyler, The Creatorのグラミー賞に対するコメントについて「全く同じ感情だ」と同意を示す

2020年グラミー賞にて最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。受賞後のインタビューにて自身の音楽を「ラップ」や「アーバン」というジャンルのみにカテゴライズされることへの不満を語り話題を呼んだ彼だが、そんな彼にOff-WhiteのデザインやLouis Vuittonのメンズウェアを手がけるVirgil Ablohが賛同の意を表明している。

グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。