Tyler, The Creatorのドキュメンタリー『Cherry Bomb the Documentary』のプレミア上映の模様が公開。Frank Oceanも出演

Tyler, The Creatorが2015年にリリースしたアルバム『CherryBomb』についてのドキュメンタリー、『Cherry Bomb the Documentary』のプレミア上映会がLAで開催され、その模様をドキュメンタリーの監督マイキー・アルフレッドがYoutubeで公開した。

この映像にはTyler本人のほかに親友Frank Oceanも出演している。

Tylerがファンに向けたサインを書く際、Frankが彼のサインが適当であることをからかったため、Tylerがサインに説明を加えているシーンが微笑ましい。

Tyler率いるOdd Futureに加入してから人気を獲得していったFrank Oceanは現在Calvin Harris、Migosとのコラボ曲SlideやA$AP Rockyをフィーチャーした自身の新曲chanelを発表し、精力的な活動をしている。今後の2人の動きにも目が離せない。(yacid)

RELATED

Eminemプロデュースのラップバトル映画『Bodied』が全米で公開へ

昨年、カナダで開かれたトロント国際映画祭でプレミア上映され、好評を博したEminemプロデュースのラップバトル映画『Bodied』がついに全米で公開される。

姿を消したマルタン・マルジェラの謎を解き明かすドキュメンタリー映画『We Margiela マルジェラと私たち』の公開が決定

ファッションフリークから熱烈に支持されるブランド、メゾン マルタン マルジェラ。メディアには匿名性を貫いてきたデザイナーのマルタン・マルジェラが2008年、表舞台から突然姿を消した。

Tyler, The Creatorが中学二年生の時に聴いていた曲のプレイリストを公開

SolangeのレーベルSaint Heronによるプレイリストシリーズの最新回にTyler, The Creatorが登場し、2004年のTylerが思春期真っ只中の13歳、日本でいうと中学1年生の時に聴いていた楽曲がテーマのプレイリストを公開している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。