FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.2 Selected by Shintaro

FNMNLと音楽配信サービスLINE MUSICでプレイリスト企画がスタート。FNMNLがチョイスしたアーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICのアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

こちらはDJ/プロデューサーで12月にDiplo率いるMad Decentから"Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)"をリリースするなど、ワールドワイドな規模感で活躍するShintaroがチョイスする、クラブでかけたい曲。

Shintaro's Choice

Shintaro

1. THEY. - U-RITE

Caroline

2. Amine - Caroline

MadeinTYO

3. MadeInTyo - Skateboard P

The Weeknd

4. The Weeknd - Reminder

Post Malone

5. Post Malone - Congratulations ft Quavo

Travis

6. Travis Scott - biebs in the trap ft. NAV

A$AP Mob

7.  A$AP MOB - Crazy Brazy ft A$AP Rocky, A$AP Twelvyy, &Key

Migos

8. Migos ft. Lil Uzi Vert - Bad & Boujee

Travis

9. Travis Scott - goosebumps

Nao

10. NAO - Bad Blood

Shintaroが選ぶクラブでプレイしたい曲リスト、11曲目以降と視聴はLine Musicにて公開中。

プロフィール

Shintaro

Shintaro

DJ/プロデューサー。2013年Red Bull Thre3Style世界チャンピオン。2015年12月、TREKKIE TRAXから"Chopper EP"をリリース。”Rihanna - BBHMM(Shintaro & YGSP Remix)"は現在Youtube350万回再生を超えるほか、RL Grime『Halloween Mix V』に"Snappy Jit - Rocking It(Shintaro Remix)"が収録された。2016年12月、”Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)”をMad Decentからリリース。

RELATED

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

【特集】ZAYN『Icarus Falls』| 音楽性とスタイルから現代のポップスターを考察する

イギリスのポップアクト、ZAYNのセカンド・アルバム『Icarus Falls』がリリースされた。ZAYNことZayn Malikは、2015年にイギリスの人気ヴォーカルユニットOne Direction(1D)を脱退したのち、ソロで活動を開始。同作は2016年のデビュー作『Mind Of Mine』以来2年ぶりのアルバムだが、コンスタントなシングルリリースで注目を集めてきた。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。