FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.2 Selected by Shintaro

FNMNLと音楽配信サービスLINE MUSICでプレイリスト企画がスタート。FNMNLがチョイスしたアーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICのアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

こちらはDJ/プロデューサーで12月にDiplo率いるMad Decentから"Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)"をリリースするなど、ワールドワイドな規模感で活躍するShintaroがチョイスする、クラブでかけたい曲。

Shintaro's Choice

Shintaro

1. THEY. - U-RITE

Caroline

2. Amine - Caroline

MadeinTYO

3. MadeInTyo - Skateboard P

The Weeknd

4. The Weeknd - Reminder

Post Malone

5. Post Malone - Congratulations ft Quavo

Travis

6. Travis Scott - biebs in the trap ft. NAV

A$AP Mob

7.  A$AP MOB - Crazy Brazy ft A$AP Rocky, A$AP Twelvyy, &Key

Migos

8. Migos ft. Lil Uzi Vert - Bad & Boujee

Travis

9. Travis Scott - goosebumps

Nao

10. NAO - Bad Blood

Shintaroが選ぶクラブでプレイしたい曲リスト、11曲目以降と視聴はLine Musicにて公開中。

プロフィール

Shintaro

Shintaro

DJ/プロデューサー。2013年Red Bull Thre3Style世界チャンピオン。2015年12月、TREKKIE TRAXから"Chopper EP"をリリース。”Rihanna - BBHMM(Shintaro & YGSP Remix)"は現在Youtube350万回再生を超えるほか、RL Grime『Halloween Mix V』に"Snappy Jit - Rocking It(Shintaro Remix)"が収録された。2016年12月、”Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)”をMad Decentからリリース。

RELATED

【インタビュー】KERENMI | 国内で椅子取りゲームするより、新しい席を作りたい

日本を代表するプロデューサー・蔦谷好位置が、新たにKERENMIというプロジェクトをスタートさせた。11月23日にリリースした「ROOFTOPS」を皮切りに、今後SALUをはじめとするさまざまなアーティストとの共演曲を発表していくという。J-POPですでに圧倒的なポジションを確立している蔦谷は、なぜ変名プロジェクトをやろうと思ったのか? その思いを聞いた。

【特集】初来日公演を行うOddiseeが選ぶDMVエリアが生んだ10曲

11/26(月)に初来日公演を代官山UNITで開催するOddisee。ラッパー、そしてプロデューサーとしてソウルフルなサウンドが日本でも高い評価を受けている彼が、今回の来日公演を前に、彼が生まれ故郷であるワシントンD.C.、メリーランド、ヴァージニアからなるDMVエリアのフェイヴァリットチューン10曲をセレクトしてくれた。彼の生まれ故郷が育んだ音楽の歴史をチェックしてほしい。

【特集】The Weeknd初来日記念 | UNA、加藤ミリヤ、橘慶太、向井太一、RIRIが選ぶThe Weekndの1曲

12/18(火)に幕張メッセで待望の初来日公演を行う、The Weeknd。2011年に自身のレーベルXOから3本のミックステープをリリース、ノベルティーともいえる艶のある耽美なサウンドを武器にR&Bシーンのトレンドセッターとしての地位を確立した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。