Forbesによる2017年のヒップホップ若手長者番付

毎年経済誌のForbesはヒップホップシーンの中から、優れた評価をされており、なおかつ経済的にも成功しているアーティストのリストいわゆる「ヒップホップ長者番付リスト」を発表する。

Forbesはそのヒップホップ長者番付リスト「Hip-hop Cash Kings」の他に、そのリストにまだピックアップされていないアーティストをまとめた「若手長者番付リスト」とも言える「Hip-Hop Cash Princes」を発表した。今年のリストには誰が入ったのだろうか?

まずはDesiignerがリスト入り。この1年で急激に人気を世界クラスまでに押し上げた。

また同じくニューヨークのラッパーYoung M.Aが入選。もちろん"broccoli"の2人、Lil Yachty、D.R.A.Mの名前も上がっている。

FNMNLでも今年要注目アーティストとして注目しているLil Uzi Vertやグラミー賞でR&Bパフォーマンス賞にノミネートされたTory Lanezも揃ってランクイン。他には"T R A P S O U L"のBryson Tiller、シカゴのNoname、Isaiah Rashad、入選している。イギリスからはアルバムをリリースしたばかりのStomzyもリスト入りした。

選考基準は30歳以下のRap/Hip-hopアーティスト。選考にはラッパーのLittle SimzやToo $hort、Kendrick LamarのマネージャーDave Freeも参加した。

Cash Princes: The Class of 2017 - The Forbes

related

今年のヒップホップ界の長者番付トップ20をForbesが発表|年間収入1位はJAY-Zで約85億円

Forbesが今年のヒップホップ界の長者番付ランキングトップ20を発表した。これまで1位を維持していたディディを退け、JAY-Zが初の首位。今年最も稼いだヒップホップアーティストとなった。

Forbesが恒例企画30歳以下の30人を発表 | 音楽カテゴリーには人気ラッパーたちが勢ぞろい

経済誌のForbesが毎年発表している、様々なカテゴリーで影響力を持つ30歳以下の30人を発表する企画『30 Under 30』が、今年も発表。音楽のカテゴリーにはあの人気ラッパーたちが勢ぞろいしている。

Nike、adidas、Puma、UNIQLOの生産を支える元工場労働者の申洲国際集団とは?

Nike、adidas、Puma、UNIQLOといった日米欧の有力アパレルブランドの大部分をOEM生産を受託する「申洲国際集団」は元工場労働者であった馬建栄(Ma Jianrong)によって1990年に設立された。申洲国際集団はNikeの総生産の12%、adidasの12%、UNIQLOの14%、Pumaの30%をOEMで生産している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。