ThrasherがForever 21に続きH&Mのロゴデザイン盗用と正当化に怒りを爆発

伝統あるスケート雑誌Thrasherとアパレルブランドとのバトル第二幕がスタートした。今度はH&Mのデザインに怒りを爆発させた。

先日Thrahserは代名詞ともいえるフレイムロゴのフォントを盗用し「Happiness」と書かれたForever 21のアイテムをInstagramに掲載し「FXXK OFF @forever21」と単刀直入な意見を表明した。

これに対し今回のH&Mはフレイムロゴのフォントを使用し、「Trippin」とプリントされたスウェットシャツをリリース。再度Thrasherはアイテムのキャプチャー写真をInstagramにポストした。

Just got a letter back from @hm's lawyers. Here's an excerpt from their response. FUCK OFF H&M ?? Respect the original ?

THRASHER MAGAZINEさん(@thrashermag)がシェアした投稿 -

しかし前回と様子が違うのはH&Mの弁護士からThrasher宛のメールも写真と共に掲載されている。どうやらThrasherはH&Mに抗議のメールを送っており、それに対してH&M側の弁護士が反論してきた内容のようだ。

「Thrasher側が主張する「Trippin」というスエットシャツには、ネタ元があるという主張は見当違いです。H&Mは「Trippin」という言葉を単に飾り言葉としてスウェットシャツに使っています。多くの購入者はこの言葉からネタ元を自動的に想像することはないでしょう。代わりに単に装飾的な言葉として「Trippin」という言葉を見るだけです。さらに言えば「Trippin」と「Thrasher」という言葉は見た目も音も似てません。どちらもTという言葉では始まってますが、それはクレームの論拠を示すのには十分ではないです」

このような反論を返してきたH&Mに対し、Thrasherはまたも「FXXK OFF H&M、オリジナルをリスペクトしろ」とストレートな怒りを表明した。

果たしてH&Mの弁護士がいうように、このデザインからThrasherのロゴを想起する購入者の方が少ないのだろうか?ご存知のように現在Thrasherのフレイムロゴはユース層の間で人気が再燃している状況だ。Thrasher側はその説明では到底納得しないだろう。

RELATED

アメリカの伝説的なスケーターたちによる展覧会『LOVE + GUTS』が日本で初開催中

アメリカのレジェンドスケーター達によるアートショー『LOVE + GUTS(ラブアンドガッツ)』が、昨日から東京・原宿の16(Sixteen)で開催中だ。

川崎のスケートショップGOLDFISHが毎年恒例のムービー『PARKCHECK』を公開

磯部涼の『ルポ川崎』にも登場する、川崎のスケートショップGOLDFISHが、年末に公開している恒例のセッションムービー『PARKCHECK』を公開した。

写真家でラッパーのPANORAMA FAMILYがスケートスポットで出会った仲間を追った写真展『PARANOIA SLAPPYS』を開催

写真家でラッパーとしても活動をするPANORAMA FAMILYが、今年2度目となる個展『PARANOIA SLAPPYS』を、12/4から東京・渋谷のØL TOKYOで開催する。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。