ミステリアスなキャラクターを貫いてきたThe Weekndの初の動画インタビューがフル公開

The Weekndは昨日ニューアルバム『Starboy』をリリースした。Daft Punkを筆頭にKendrick LamarやFutureなど豪華アーティストが参加したアルバムは、The Weekndの新境地を高らかに宣言した内容となっている。

 

そしてこれまで、ミステリアスなキャラクターを貫いてきたThe Weeknd自身にも変化が起こっているのか、初めての動画でのインタビューがApple Musicで公開されている。

インタビュアーはApple MusicのZane Lowe。45分間のインタビューで『Starboy』がThe Weekndにとって新しいチャプターとなっていることを話す。

「Starboyは3部作の次のチャプターで、おれにとって4つめのチャプターだと思う。Starboyはおれたちが作ったキャラクターで、漫画から出てきたみたいな面白いキャラクターで、クールでドープなんだ。アルバムのいたるところに出てくるよ。Starboyは過去のおれの作品にも出てきたことはあったよ。彼はおれたちみんなが心の中に抱えている大ボラ吹きのやつなんだ」とStarboyのコンセプトを語った。

さらにThe Weekndは過去にアルコール中毒だった問題についても話す。「初めてのCoachellaでのライブのとき、おれはヘネシーのボトルを1本飲んで酔っ払った状態でライブをしたんだ。そのショーを後から見て、おれは自分のパフォーマンスが最悪だと思った。そこに映っているやつはスターじゃなかった」と後悔とともに振り返る。

「プレッシャーと戦わなければならない」とThe Weekndは自身に語りかけるように話す。「人々に向けて歌う、それはとてもエモーショナルなことだ。人に向けて歌うということは、普通じゃない。神経に障ることだ。自分自身を文字にして、たくさんの人に届けるんだ。好きなアーティストが失敗したり、間違うことを見たことがあるよね、それは彼らが歌えないからじゃない、彼らは恐れているんだ」とアーティストとして自己を保つために、常に尋常じゃないプレッシャーと戦っていることを明かした。

The Weekndのインタビュー全編は下記のプレイヤーで見ることができる。

RELATED

The Weekndの来日公演にスペシャルゲストとして米津玄師の出演が決定

12/18(火)に開催されるThe Weekndの初来日公演にスペシャルゲストとして米津玄師の出演が決定した。The Weekndの公演にゲスト・アーティストが起用されるのはアジア初となる。

【特集】The Weeknd初来日記念 | UNA、加藤ミリヤ、橘慶太、向井太一、RIRIが選ぶThe Weekndの1曲

12/18(火)に幕張メッセで待望の初来日公演を行う、The Weeknd。2011年に自身のレーベルXOから3本のミックステープをリリース、ノベルティーともいえる艶のある耽美なサウンドを武器にR&Bシーンのトレンドセッターとしての地位を確立した。

PUMAとThe Weekndによる最新コレクション

PUMAとThe Weekndによる3シーズン目となるコラボコレクションが発表となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。