アメリカで次々と大麻の所有・使用が合法化 /インターネットで大麻をデリバリーしてくれるサービスMeadowの需要も高まる?

大統領選挙と同時に開催された米カリフォルニア州での娯楽用大麻の所有・使用を合法化するかどうかの住民投票で、カリフォルニア州の住民は合法化することを決定。それ同時にフロリダ州とノースダコタ州では医療用大麻が合法化している。すでにコロラド、ワシントン、オレゴンの3州は既に娯楽用大麻の使用・所有を合法化している。

 

アメリカで広がる大麻の合法化は、このサービスの需要をさらに高めるかもしれない。

今年の春にローンチしたMeadow(牧草地/干し草=大麻のスラング)という名のサービスは、もちろん家畜用の牧草メーカーでなく、インターネットで大麻のデリバリーしてくれるサービスだ。

Meadowは医療用大麻を人々の手に安全に、質の高いサービスで届けるスタートアップのサービスだ。今年6月にサービスはカリフォルニア州でスタートしており、すでに利用者も。サービスを利用するためには医療用大麻のカードが必要となる。

Meadowは利用者にインターネットを通じて問診サービスを提供。そしてすぐに処方箋を利用者に送付。その処方箋を利用者はMeadowに送り、デリバリーを依頼する。
コストは$100。そのうち10ドルがMeadowの利益になるという。詳しくはWIREDにサービスを説明した記事の翻訳がある。

RELATED

Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並並ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、大麻合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だ大麻が合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用大麻の合法化に乗り出していることが報じられている。

Snoop Doggがジョイントを巻くスキルを応用して巻き寿司作りのマスターになったと著書で明かす

Snoop Doggといえば大のマリファナ好きで知られている。今までに巻いてきたジョイントは数知れないだろうが、なんとそのスキルが寿司を作ることにも活かされているそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。