Googleトレンドが示すアメリカ大統領選の結果に対する人々の困惑

CULTURE  2016.11.10

昨夜の喧噪から選挙結果を示したマップに間違いがないか睨めっこしている人も多いだろう。自分を落ち着かせる為か、結果に納得していないのか、様々なシチュエーションにいる人々が各々の意見をインターネット上に投稿している。

 

そこで、GoogleがTwitter上で今回の大統領選挙に対しての意識調査を発表した。選挙に関するいくつかの検索ワードで、調べられているのは何か?それを紹介したい。

「一般投票」

1、一般投票では誰が勝ったの??2、一般投票と選挙人投票は違うの?3、一般投票では誰が負けたの?

これはGoogleで検索されている大統領選挙についての質問である。一般投票と選挙人投票の違いなどを検索する人が多数。選挙人投票で結果がひっくり返るのを願っているのか?

「なぜ...」

1、なぜヒラリーが負けたのか?2、なぜトランプが勝ったのか?

予想外の結果を疑問視する人が多く、なぜヒラリーが負けたのかという文が検索の一位に挙がった。

"ヒラリー・クリントン"

1、ヒラリーの公式記者会見はいつなのか?2、これからヒラリークリントンはどうするのか?

ヒラリークリントンの今後の動向が気になっている人々が多い様子だ。

「どうやってこの結果に?」

1、どうやってトランプが勝利したのか?2、どのようにしてこの事態になったのか?

どのようにしてこの結果になったのか。トランプに投票した人でさえも、この結果になったのは意外だったのかもしれない。(野口耕一)

Via Mashable

MUSIC

FASHION

CULTURE