2020年のヒップホップシーンで最も検索されたトピックが明らかに|“WAP”やTravis Scottの『Astronomical』などがランクイン

長かった2020年も終わりが近づく今日この頃。今年は世界的に大きな動きが見られた一年であったが、そんな中、Googleが一年間の検索ワードのトレンドや急上昇ワードをまとめた「Year in Search」を発表。ヒップホップシーンで最も検索されたトピックも明らかになっている。

XXLによると、今週水曜に公開されたGoogleの検索ワードの年間ランキングにて、「Lyrics」のカテゴリーでCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”が1位を獲得。今年最も検索された楽曲の歌詞であることが明らかになった。また6ix9ineの”Gooba“のリリックも歌詞カテゴリ全体の中で3位となっている。続いてヒップホップからはJack Halowの“Whats Poppin”が10位にランクインした。

「Concert」のカテゴリーでは、Travis Scottが『Fortnite』上で敢行したバーチャルライブ『Astronomical』が4位にランクイン。コンサートカテゴリーのトップ10の中では唯一のヒップホップシーンからのランクインとなった。

また「People」部門ではKanye Westが7位、August Alsinaが9位にそれぞれランクインしている。

なおGoogle全体の検索トレンドの一位は「coronavirus」となっており、続いて「election results(選挙結果)」、「Kobe Bryant」、「Zoom」、「IPL」といったワードがトップ5を占めている。いずれも激動の2020年を象徴するようなワードだが、来年こそは「coronavirus」が検索トレンド1位とならないことを願うばかりである。

Googleの年間検索ワードランキングはこちらからチェックすることが出来る。

related

Geniusが歌詞の不正利用疑惑を巡るGoogleとの裁判に敗訴

現在のラップやポップミュージックのファンにとっては重要なツールの一つとなっているGenius。単に歌詞を確認するにとどまらず、その裏側に隠された意味なども知ることが出来るありがたいサービスだが、そんなGeniusがGoogleとの裁判に敗れたことが報じられている。

Googleの「2018年で最も検索された言葉」にMac Miller、XXXTentacion、映画『ブラックパンサー』がランクイン

Googleが、毎年恒例となっている今年世界で最も検索された単語を紹介する年間検索リストを公開した。このランキングは「昨年に比べ検索された回数が急上昇した単語」を基準に選考されており、世界の人々が今年何に関心を持っていたかが分かるものとなっている。

Googleの検索結果にアーティストによる「つぶやき」が表示される機能が追加

Google検索に新たな機能が追加されたようだ。現在、ミュージシャンや有名人は自分の名前の検索結果の横にTwitterの「つぶやき」のような投稿を書き込むことができるようになっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。