Googleの「2018年で最も検索された言葉」にMac Miller、XXXTentacion、映画『ブラックパンサー』がランクイン

Googleが、毎年恒例となっている今年世界で最も検索された単語を紹介する年間検索リストを公開した。このランキングは「昨年に比べ検索された回数が急上昇した単語」を基準に選考されており、世界の人々が今年何に関心を持っていたかが分かるものとなっている。

ランキングの1位は、今年ロシアで開催された「World Cup」。続いて急逝した人気EDMプロデューサーのAviciiが2位にランクインした。そして、3位には今年の10月に悲劇的な死を遂げたMac Millerの名前が入っている。8位には同じく衝撃的な死を迎えたXXXTentacionもランクインしている他、Stan Lee、Kate Spade、Stephen Hawkingなど今年亡くなった文化的なアイコンに人々が関心を寄せていることが分かる。

5位にはMarvelの映画『ブラックパンサー』がランクイン。そして「ミュージシャンやバンド」のカテゴリーに限定されたランキングはCardi B、Travis Scott、Rick Ross、6ix9ine、Childish Gambinoなどラッパーの名前が多数を占めている。やはり2018年はヒップホップにとってエポックメイキングな年だったのだろう。

今年はこのような結果となったGoogleの検索ランキングだが、来年はどのような人物が話題となるのだろうか?

RELATED

GoldLinkがMac Millerの剽窃を告発した件について「彼は俺の親友だった」と釈明

今週水曜日、昨年10月に命を落としたMac Millerが生前自身の楽曲を剽窃していた、との主張をGoldLinkが行い物議を醸したことが報じられた。騒動が大きな話題となる中、GoldLink自身がライブ中に自身のコメントについての釈明を行なっている。

GoldlinkがInstagramにて故Mac Millerの楽曲“Dang!”が自身の楽曲“Unique”の剽窃であるとするコメントを発表|両曲に参加したAnderson. Paakからの反論も

昨年9月に薬物の過剰摂取によって悲劇的な死を遂げたMac Miller。生前の彼と交流があったラッパーのGoldlinkが、今回Instagramにて発表したコメントによって物議を醸している。

Mac Millerの死に関係したとされる二人目の人物が逮捕される|具体的な関連性は不明

昨年9月にドラッグのオーバードーズによって突如この世を去ったMac Miller。今月始め、彼にドラッグを販売していた人物の逮捕が報じられたが、続いて彼の死に関連するもう一人の人物が逮捕されたことが明らかになった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。