Mac Millerの2011年のシングル「Donald Trump」がトランプ大統領効果でチャートを急上昇

MUSIC  2016.11.10

アメリカ大統領選挙で勝利したドナルド・トランプはすでに様々な効果を生んでいるが、Mac Millerが2011年にリリースしたミックステープ『Best Day Ever』に、収録されている"Donald Trump"がiTunes Top 40内に再びランクインした。

 

Mac Millerのシングル"Donald Trump"にはドナルド・トランプという単語は3回しか登場しないものの、"Give a fuck about a budget.When you always be the subject of discussion"とトランプはいつもお金にきたないなど、全体のリリックにはトランプを揶揄した表現がちりばめられている。

しかし、この曲に関してトランプはMac Millerのことを、次世代のEminemだと賞賛するコメントをしている。。

Mac Millerのトランプに対する嫌悪感はそれからまだ続いていた。それは2013年、Complexのインタビューでシングル曲"Donald Trump"とトランプ本人について質問されると、「彼が大統領選に出馬する事になったら、恐ろしいね。そう思って、この曲を作ったんだ。今や彼はウザイやつだろ。」と早くも今回の大統領選挙を予言するようなコメントを残していた。

Mac Millerのシングル『Donald Trump』から何を読み取れるのか?この曲はパーティーチューンとなっている為、今回の大統領選挙に反対派のDJには意味を理解した上で、プレイしてほしい。

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE