AIDS治療薬を値上げしようとしアメリカで最も嫌われている男が、世界で一つしかないWu-Tang Clanのアルバムをストリーミング中継

アメリカの超有名起業家でありAIDS治療薬の値上げをしたことで「アメリカで最も嫌われている男」と認定されているMartin Shkreliが、以前からトランプが大統領になったあかつきには、彼が所有する世界で一つしかないWu-Tang Clanのアルバムをストリーミングで公開するという約束を実現した。

 

世界限定1部というスーパーレアなWu-Tang Clanのアルバム『Once Upon a Time in Shaolin』は、富豪Martin Shkreliによって昨年200万ドルで購入されていた。彼はトランプが富豪になったらその音楽をシェアすると発言していた。

彼は自身でも音楽活動を行っており、アルバムをリリースするために制作活動を行っているという。そしてNirvanaとBeatlesの未発表音源をリリースする予定もあるとのこと。

RELATED

Wu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

ヒップホップ史上屈指の名盤である1st『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』の発売から25周年を迎えたWu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

映画『キックス』の公開を記念してWu-Tang Clan25周年記念ショートムービー『For The Children』も公開決定

12/1(土)から劇場公開される映画『キックス』。劇中でWu-Tang Clanの名曲"C.R.E.A.M"が使用されることがきっかけとなり、渋谷シネクイントでの『キックス』上映時に2週間限定でWu-Tang Clanのデビュー・アルバム発売から25周年を記念したショートムービー『For The Children』が上映されることが決定した。

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。