三浦大知が新曲"(RE)PLAY"のミュージックビデオ公開。豪華ダンサー陣も集結したダンサーズアンセム

11/23にリリースされる三浦大知のニューシングルからタイトルトラック"(RE)PLAY"のミュージックビデオが本日公開された。

 

三浦大知

今作は、世界最大の1on1ブレイクダンス・バトルトーナメントの世界大会『Red Bull BC One World Final 2016』のテーマソングとなっており、ミュージックビデオにも世界中からアベンジャーズ級の実力を持つ豪華ダンサー陣が14人出演している。

三浦大知

出演しているダンサー陣を少しあげると、これまでも、三浦大知を支え続けていると言っても過言ではない世界的ダンサーのs**t kingzやPURI、Shingo Okamotoに加え、名実ともに日本No.1の世界的ブレイクダンサーTAISUKEや、数々の世界大会でも優勝している“POPPIN”の世界チャンピオンGUCCHONなどだ。
さらに、海外からは、70年代前半からHIP HOPの世界で育ったストリートダンサーのレジェンドであり、世界中のストリートダンサーのお手本ともいえる
存在のMr. Wiggles、世界一のブレイクダンスチーム「Rock Steady Crew」のメンバーとして現在活動しているYNOTも出演している。

PURI
PURI
Taisuke
TAISUKE
Gucchon
GUCCHON
Mr.Wiggles
Mr. Wiggles
YNOT
YNOT

このメンバーが一堂に会するのは、ずっとダンスとボーカルを両軸にこだわり続けてきた三浦大知だからこそだろう。

楽曲はオールドスクールなブレイクビーツを用いつつも、三浦らしいハイブリッドさが効いたモダンなダンスチューンに仕上がっている。

それぞれキャラクターの違うダンサー陣による妙技が存分に楽しめる、ダンス教典としても楽しめるビデオ、見所は最後に三浦含めた総勢15名のドリームチームがそれぞれのスペシャルなソロを披露する部分だ。

またミュージックビデオと合わせて、テーマソングに決まっている『Red Bull BC One World Final 2016』のCM映像も公開中。こちらは格闘ゲーム『ストリートファイターV』とコラボーレーションした内容になっている。

 

三浦大知オフィシャルサイト
http://avex.jp/daichi/

RELATED

【レビュー】三浦大知『球体』の衝撃 | 新たなリスナーにまで訴えかける、ポップスの傑作

三浦大知が7月11日にリリースしたニューアルバム『球体』が話題を呼んでいる。世界的なモード――すなわち、アンビエントR&Bであるとか、あるいはEDM以降のダンス・ミュージックを消化しきったうえで、日本語のポップスとしての高い完成度を見せつけた本作は、三浦大知の底力をリスナーに再確認させるに充分な傑作だ。

SOIL&"PIMP"SESSIONSが三浦大知をフィーチャーした"comrade"のミュージックビデオを公開

SOIL&”PIMP”SESSIONSが5/9(水)にリリースする2年ぶりのフルアルバム『DAPPER』から、リード曲"comrade feat. 三浦大知"のミュージックビデオを公開した。

【特集】三浦大知 『BEST』| 三浦大知のビートヒストリー

わたしたちが三浦大知の存在を知るのは、三浦大知が9歳の1997年、Folderのデビューシングル”パラシューター”がリリースされたときである。三浦大知の並外れたヴォーカルは、多くの人を驚かせた。さらに言えば、総勢7人のメンバーの中心で若々しくのびやかなヴォーカルとダンスを披露した三浦は、明らかにJa...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。