英紙ガーディアンがポーランドのフェスUNSOUNDに出演したD.J.Fulltonoを「最もフェスのテーマにマッチした瞬間だった」と評した

MUSIC  2016.10.26

ポーランド・クラクフで開催された世界的フェスUNSOUNDに出演した大阪のフットワーク伝道師D.J.Fulltonoを英紙ガーディアンが「今年のUNSOUNDのテーマであるDislocationなモーメント」であったと評した。

 

日本から招待されたアーティストがポーランドでジュークをプレイするというその状況ももちろんだが、D.J.FulltonoとB2Bでプレイした、シカゴのDJ/プロデューサーのTRAXMANが自身のビートルズの"Strawberry Fields Forever"をサンプリングした曲でフロアを沸かせる、その光景はフットワーク/ジュークという音楽はサイケデリックな音楽でもあることを強調した、とレビューしている。

今年10月16日から23日の間、ポーランド・クラクフで開催された音楽とヴィジュアルアートのフェスティバルUNSOUNDの今年のテーマは「Dislocation」。「転地/転置/転位/脱臼」とも訳されるテーマにD.J.FulltonoとTRAXMAN2人のB2Bはピッタリはまったのだろう。

D.J. Fulltonoは今月盟友CRZKNYと共に行ったプロジェクトTheater 1のアルバム『fin』をリリースした。FNMNLでもインタビューを行ったので、そちらも合わせてチェックしてほしい。

via the Guardian

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE