英紙ガーディアンがポーランドのフェスUNSOUNDに出演したD.J.Fulltonoを「最もフェスのテーマにマッチした瞬間だった」と評した

ポーランド・クラクフで開催された世界的フェスUNSOUNDに出演した大阪のフットワーク伝道師D.J.Fulltonoを英紙ガーディアンが「今年のUNSOUNDのテーマであるDislocationなモーメント」であったと評した。

 

日本から招待されたアーティストがポーランドでジュークをプレイするというその状況ももちろんだが、D.J.FulltonoとB2Bでプレイした、シカゴのDJ/プロデューサーのTRAXMANが自身のビートルズの"Strawberry Fields Forever"をサンプリングした曲でフロアを沸かせる、その光景はフットワーク/ジュークという音楽はサイケデリックな音楽でもあることを強調した、とレビューしている。

今年10月16日から23日の間、ポーランド・クラクフで開催された音楽とヴィジュアルアートのフェスティバルUNSOUNDの今年のテーマは「Dislocation」。「転地/転置/転位/脱臼」とも訳されるテーマにD.J.FulltonoとTRAXMAN2人のB2Bはピッタリはまったのだろう。

D.J. Fulltonoは今月盟友CRZKNYと共に行ったプロジェクトTheater 1のアルバム『fin』をリリースした。FNMNLでもインタビューを行ったので、そちらも合わせてチェックしてほしい。

via the Guardian

RELATED

RP BOOが心斎橋TRIANGLEに登場 | オオルタイチやDJ Fulltonoなどが共演

シカゴのジューク/フットワーク·シーンの最深部に君臨するプロデューサーRP BOOの待望の再来日公演が、今週末に心斎橋TRIANGLEで開催。関西を代表する強力アクトと夢の共演を果たす。

KEITA KAWAKAMI主宰のレーベルKSWより台湾のアーティストMeuko! Meuko!が『About Time EP』をリリース

レーベルKSWから台湾のアーティストMeuko! Meuko!が『About Time EP』をリリース。

謎のトラックメイカー DJ PCDJ 100日連続リリース記念インタビュー

DJ PCDJは誰なのか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。