Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。

以前インタビューした時に日本で絶対することとして、レコードショッピングをあげていたくらい、彼はディガーとしてもジャズやソウル、ファンクからエクスペリメンタルなサウンドまで、幅広く音楽を探求するのを楽しみながら行っている。

そんなFloating Pointsに好きな日本人アーティストのレコードと、オススメの日本のレコード・ショップをピックアップしてもらった。

ベストレコード

1. Masabumi Kikuchi With Gil Evans - 『Masabumi Kikuchi With Gil Evans』(1975)

大学生になって初めて買ったレコード。ビッグバンド系の曲なんだけど、ビッグバンドの音に合わせて菊地雅章がフェンダー・ローズを弾いている。僕は特にビッグバンドが好きなわけでもないんだけど、あのレコードだけは本当にパワフルだと思う。僕の人生の、あるステージを意味しているから、僕にとっては大切な一枚。(Floating Points)

 

2. 細野晴臣  -『HOSONO HOUSE』(1973)

このレコードは最高だ。みんな知ってるよね?閉鎖したクラブPlastic Peopleのパーティーで僕たちはこのレコードを何度もかけた。サウンドが素晴らしいし、プラスチック・ピープルのことを思い出させてくれる。(Floating Points)

 

3. Takuya Matsumoto - 『Drafting Under the Stars』(2010)

他にもPlastic Peopleのことを思い出させてくれるレコードが2枚ある。ハウスのレコードで、新潟出身のアーティスト、Takuya Matsumotoの12inch『Drafting Under the Stars』に収録されている"Jump Rope Music"。このレコードはMOVE Dと一緒にDJ していた時、彼がかけて初めて聴いた。「これは何だ?」と思ったね。Plastic Peopleでこの曲がかかると毎回すごく盛り上がった。最初にかけたのはMOVE Dだけど、僕もレコードを購入して、何度も何度もかけまくった。(Floating Points)

 

4. Kuniyuki - 『Precious Hall』(2002)

ハウスのレコードでもう一枚、Plastic Peopleを思い出させてくれるのがKuniyukiの作品。彼は素晴らしい音楽をたくさん作る。彼は最高。彼が作るレコードはどれも、僕に特別な何かを感じさせてくれる。Kuniyukiが作ったレコードは全て持っているよ。全部!特に好きなのは"Precious Hall (Dub version)"。このレコードは僕の中での、史上最高ハウスレコードのトップ2に入る。エレクトロニックダンスミュージック史上における最高傑作だと思う。他の人がなぜあまりかけないか不思議だ。僕はいつもかけているから、僕にとっては良いことだけど(笑)。クラブの名前をとって"Precious Hall"。僕みたいな外国人にとっては、聖地みたいな所だよ。そのクラブのことを何も知らないし。ただ、みんな最高のクラブだって言う。友人のパトリック・フォージが言うには「クラブに入り、ミキサーをいじると、それはまるでガスストーブのようだ。炎が燃え上がる。」だから僕はいつもあの場所のことを夢見ていた。そしてこの曲を聴いたとき、はっきりと想像できた。みんなが踊っているあのクラブで、この曲がかかっていて、最高のサウンドが聴こえるところを。Plastic Peopleでもこの曲はよくかけた。もうなくなってしまったけど、Plastic Peopleが僕らにとって、ロンドンにとっての、Precious Hallだからね。とにかく非常に美しい曲。ディープで濃い。本当に最高!(Floating Points)

 

5. Herbie Hancock -『Dedication』(1974)(日本限定リリース)

これは日本人アーティストではないけど、日本でしかリリースされなかったレコード。曲はARP 2600のシンセの「パラピラパラピラ〜」という音から始まり、その上にハービーのフェンダー・ローズが加わる。テクノだけどジャズ。ジャズだけどテクノ。この曲をクラブでかけるとクラウドは発狂する。東京で行われたライブのレコーディングで、ハービーがシーケンサーに合わせてフェンダー・ローズを弾いている。ダンスシーンという環境で聴くと最高なんだ。(Floating Points)

 

 

この中で日本で買ったものは一枚もない。でも僕がDJしている時にかける素晴らしいレコードたちは、日本で買ったものが多い。僕は日本の音楽に関してはエキスパートではないということを強調しておきたい。僕は全く知らない。1970年代のブラジリアンサイケ音楽や、1970年代のアメリカのソウルの話だったら、少しは詳しいから色々と話せる。でも日本の音楽については何も知らない。

次ページ : Floating Pointsの日本のお気に入りレコード・ショップ

RELATED

YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

霜田恵美子と蛭子能収によるジャケットも強烈な、楽しい音楽による80'sテクノポップ作が復刻

『キューピーたらこソース』のCMディレクターとしても知られる加藤良1こと加藤良助が中心となって1980年に結成された宅録ユニット、楽しい音楽。

レコードの日レーベル第1弾リリースとしてトリプルファイヤーや柴田聡子、シャムキャッツなどが参加した大瀧詠一カバー集が発売決定

国内最大級のアナログレコードのイベントとして今年で4年目の開催となる、レコードの日。今年もレコードの日当日には多彩なアーティストのアナログレコードが一斉に発売となる。第1弾発表ではジブリ作品のサントラやクレイジーケンバンド最新アルバムの待望のアナログ化などがアナウンスされたが、第二弾ではレコードの日レーベルの第1弾作品のリリースがアナウンスされた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

DEANミニインタビュー | 韓国の若き天才が目指す高み

DEANは今の韓国のアーティストで最も注目されているアーティストだ。伝説的な俳優ジェームズ・ディーンから名前をとったという彼は、16歳から活動を開始。まずはプロデューサーとしてEXOなどにトラックを提供していた。