Nellyを救うためにファンが立ち上がる。結果は・・・?

先週、ベテランラッパーのNellyが途方もない金額の追徴課税の支払い義務を負っていることが明らかになった。TMZの報道によれば、9月11日時点で241万ドル以上の連邦税と、15万ドル近い州税が課されているというのだ。

 

Nellyの危機は#SaveNellyというタグと共にツイッターで瞬く間に広がった。ファンたちは#HotInHerreStreamingPartyをタグにしたツイートを介し、SpotifyやApple Music等のストリーミング・サービスを通じて可能な限りNellyの2002年の楽曲"Hot In Herre"を再生するキャンペーンを行っている。

そのおかげか、"Hot In Herre"は9月11日は52,000回、翌日には84,000回、13日には269,000回の再生回数を記録。再生数は90%も増加し、最終日には最高で前週比の219%に達したという。総合再生回数は前週の37万6千回から71万4千回まで跳ね上がり、ファンたちの努力は明確に数字に反映された。

ただ、それだけの再生数をもってしても、Nellyの債務を帳消しにするには全く足りないという。アメリカの音楽サイトSPINの概算によると、ストリーム1回再生当たりの最大収入である0.0084ドルがNellyに支払われたとしても、追徴課税完済に287,176,547回の再生が必要であるからだ。

残念なことに、ファンの努力は功を奏したとは言えないようだ。

Via Billboard,Hot New Hiphop

(伊藤)

RELATED

ラップ人気が高まるロシアのプーチン大統領が「ラップを政府の管理下におくべき」と発言

ヒップホップやラップミュージックは、その国の若者の文化に大きく影響をもたらす。中には暴力・ドラッグといった悪い影響ももたらすと懸念されており、国が何らかの規制をもうけるケースが少なくない。

写真でヒップホップの歴史を辿る書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行

12/21(金)に書籍『コンタクト・ハイ 写真でたどるヒップホップ史』が刊行となる。この本はタイトル通り、誕生から45周年を迎えたヒップホップの歴史を作ってきた写真に焦点を当て、決定的な一枚とアウトテイクを掲載しているもの。

2018年のアメリカにおけるライブ音楽ビジネスに関する調査が発表|アメリカ人の半数以上が何らかの音楽イベントに参加

昨日、データ分析会社のNielsenが2018年におけるアメリカのライブ音楽ビジネスの分析結果を公開した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。