Kendrick Lamarを迎えたSiaの新曲「The Greatest」はオーランドのゲイクラブ銃撃事件の犠牲者への追悼メッセージ

Siaは、Kendrick Lamarを客演に迎えた"The Greatest"のミュージックビデオ(MV)を公開した。十代の天才ダンサーMaddie Zieglerと4度目のコラボレーションを果たしたそのミュージックビデオには、フロリダ州オーランドの同性愛者向けクラブで起きた凄惨な銃撃事件の犠牲者に対して、そしてLGBTQコミュニティに対する、力強いメッセージがこめられていた。

2016年6月12日、フロリダ州オーランドの同性愛者向けナイトクラブ「Pulse(パルス)」で起きた銃撃事件は、まだ記憶に新しい。49人が死亡し、53人が負傷。容疑者も射殺された事件は、アメリカ史上最悪の事件となった。

本編が始まる前に映されたハッシュタグ #WeAreYourChildren はSiaからの犠牲者へのメッセージだ。Maddie Zieglerがレインボーのペイントを顔に塗り、こちらを見つめているシーンは、キーシーンである。

彼女が彼女以外のダンサー48人たちを鼓舞ながら朽ち果てた建物を縦横無尽に走り回り、息を吹き返させ、エネルギーにあふれたダンスを共に踊る。

Sia2

クライマックスのシーンで、よりそのメッセージは明確になるだろう。ディスコ用のライトやクラブの薄暗いライティングが施された部屋で、ダンサーたちは命の限り踊る。音楽がフェードアウトすると共にダンサーたちは折り重なるように、床に倒れる。

Sia

壁には銃弾によってできた穴が空いていることも確認できる。Maggie Zieglerの涙がレインボーペイントに流れ、MVは幕を閉じる。

Sia1

もちろんこの49人は想像上の銃撃事件の犠牲者たちであるのは間違いないだろう。

Siaはどのメディアでも、この作品がPulseの銃撃事件事件の犠牲者に向けたトリビュートであることを明言していないが、MVに出演しているダンサーの一人はInstagramにとメッセージを添えている。

恐縮ながらこのビデオに出演させていただきました。Sia、ありがとう。49人の命が銃弾の犠牲になりました。この作品はあなた方に捧げます。

Siaは2013年にはEminemとのコラボレーションであげた収益を、Eminemの反同性愛的な歌詞が問題になった後、LA Gay & Lesbian Centreに寄付したり、ロスアンゼルスのLGBTセンターでパフォーマンスを行ったりしている。

RELATED

Kendrick Lamarがドラマ『Power』にドラッグ中毒者の役で俳優デビュー

ヒップホップアーティストとして始めてピューリッツァー賞を受賞し、また今年のフジロックのヘッドライナーを飾るなど世界的に確固たる地位を築いているKendrick Lamar。そんなKendrickが、俳優デビューを果たした。

Kendrick Lamarの来日を記念しNikeとTDEが『THE DAMN POP UP SHOP TOKYO』を2日間限定オープン

FUJI ROCK FESTIVALに出演するKendrick Lamarの来日を記念して、NikeとKendrickのレーベルTDEによる『THE DAMN POP UP SHOP TOKYO』が7/27(金)~7/28(土)の2日間限定で東京・南青山のNIKELAB MA5で開催される。

Kendrick Lamarが「Eminemの『The Marshall Mathers LP』が人生を変えた」と語る

ヒップホップアーティストとして初のピューリッツアー賞受賞を果たし、名実ともに偉大なるアーティストの1人となったKendrick Lamar。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。