アメリカ国歌をThe Diplomatsの“Dipset Anthem”に変更する署名がスタート。背景には...

アメリカ国歌を現在の"The Star-Spangled Banner"からThe Diplomatsの名曲“Dipset Anthem”に変更するよう訴える署名運動が起きている。現在この運動は、1万人に署名を呼びかけたところ、2千人もの人が署名をしたという。

 

この署名運動が立ち上がった背景にはNFLのスター選手Colin Kaepernickが試合前の国歌斉唱の際に着席を続けている騒動がある。

Kaepernickは「黒人や有色人種を抑圧する国の国旗に対して敬意を払えない。自分にとってはこれはフットボールより大きなことで、みて見ぬふりをするのは自分勝手だ」と語っており、Black Lives Matterとの連帯を表明している。現在Kaepernickのユニフォームが所属チームの49ersのストアで売り上げが倍増しており、Kaepernickに賛同するスタンスのファンが購入しているものとみられている。

この騒動についてはこちらの記事を参照してほしい。(稲田瑞規)

 

RELATED

ファーガソン黒人射殺事件の抗議行動を映した映画『Whose Streets?』の予告編

2014年8月ミズーリ州ファーガソンで高校を卒業したばかりのマイケル・ブラウンさんが警官と言い合いになり、発砲を受け殺された、いわゆるファーガソン事件。その後ブラウンさん射殺に対する大きな抗議活動に展開していった、この一連の経緯を映したドキュメンタリー映画『Whose Streets?』が今夏アメリカで公開される。『Whose Streets?』の予告編第1弾がYoutubeにアップされた。

Juelz SantanaがSupremeとの思い出のコラボレーションについて語る

Juelz Santanaが、Complexの最新インタビューでファッションについて語った。Juelzは、自らがストリートウェアに与えてきた影響やThe Diplomatsのクルー達が当時の人々の服装に与えたインパクトについて、さらにはDipsetとSupremeのコラボレーションについてもその心中を明かした。

米警察友愛会がWalmartやAmazonに対して「Black Lives Matter」Tシャツを販売停止にするよう要請

アメリカの警察官の労働組合的な互助団体である警察友愛会(the Fraternal Order of Police)が、先週火曜日「Black Lives Matter」「Bulletproof: Black Lives Matter」Tシャツを「攻撃的(offensive)」だとし、WalmartやAmazonに販売を停止するように求めた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。