cero Presents 『Traffic』スペシャルフォトレポート!

FEATURED  2016.08.31  FNMNL編集部

8/11に新木場STUDIO COASTを舞台にしたイベントcero Presents 『Traffic』が開催された。主催のceroをはじめ、クレイジーケンバンド、OMSB & Hi’Spec、ランタンパレード、Seihoと強い個性をもったアーティストがメインフロアのライブアクトとして顔を揃えた。そしてサブフロアでもXTALやDorian、STUTSがライブをおこない、MUROやMOODMAN、COMPUMAなどの凄腕DJがプレイ。

 

まさにceroの髙城晶平が開催前に発表していたコメントのように「クロスオーヴァーな、曖昧な音楽や感覚」を自由に楽しめるイベントだった、1日を写真と共に振り返っていこう。

写真 : 横山純 取材・構成 : 和田哲郎

気持ちのいい夏晴れとなった8/11、新木場STUDIO COASTの会場入りすると、バーステージで心地のいいブレイクビーツをSTUTSがプレイしていた。会場はメインステージのライブが始まる前にも関わらず、すでに満員に近い状態。今日のイベントに対する来場者の期待感が表れている。

クレイジーケンバンド

定刻きっかりに、オープニングアクトのクレイジーケンバンドのライブがスタート。オープニングチューンを経て、いきなり"タイガー&ドラゴン"を披露し、フロアの空気を一気にもっていく。その後もジャジーな"あるレーサーの死"や夏日にぴったりな爽快なポップチューン"タオル"など、バンドとしての成熟度をみせつける。ファンキーでエレガントさもある大人の余裕とそれぞれのメンバーのソロを織り交ぜつつの遊び心があるステージングはさすがだ。

CKB

CKB

クレイジーケンバンド

ボーカルの横山剣はMCで「ceroのファンでCDは全部もってるから、今日呼んでもらってうれしい」と話し、横山剣デビュー35周年である今年リリースされたアニバーサリー・アルバム『香港的士- Hong Kong Taxi -』からタイトル曲"香港的士"をプレイ。最後にムーディーな"ガールフレンド"で50分間のステージを華麗に締めくくった。

クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

クレイジーケンバンド

Dorian ~ Seiho

クレイジーケンバンドのライブが終わるとDorianがバーステージでライブを開始。ドライブするグルーヴとパワフルだけど抜けのいいボトムのサウンドがとても心地よく午後の新木場を満たす。この日のバーステージには、終始程よいグルーヴがキープされていて、「このバーステージに出演するメンツだけでもパーティーに遊びに行きたい」と思わせるほど、すてきなメンバーが「Traffic」の脇を固めていた。

Dorian

Dorian

続いてのメインフロアのアクトはSeiho。アルバム『Collapse』のリリースパーティーで初お披露目となった、キーボードにKan Sano、ドラムに松下マサナオを迎えたバンドセットでの登場。エレクトロニック・ミュージックのアーティストが生楽器のメンバーを加えたライブをする場合、自身のサウンドを補完する役割になっているだけの場合も多いのだが、Seihoはバンドメンバーと緊張感あるセッションを行いつつ、自身の曲を壊しては新しい推進力を加えていた。Seihoらはそのスリリングさを楽しんでいるかのようなパフォーマンスが印象的だった。聞きなれていたはずの代表曲"Plastic"の不穏なまでのダイナミックさや、ジャズ的なアプローチがとられた楽曲まで、斬新なアプローチに挑み続けたライブとなった。そして曲間の和やかなMCで笑いをしっかりとり、Seihoは多彩な顔を見せた。

Seiho

Seiho

恒例となっている花瓶に注がれた牛乳を飲むパフォーマンスも。ライブ中、牛乳の平然と置かれていた生け花の異物感も、それらはSeihoがバンド・セットで試みしようとしているアプローチと同期して見えた。

Seiho

_DSC6386

Seiho

次ページ : COMPUMA ~ ランタンパレード ~JxJx ~ XTAL ~ OMSB & HI’Spec

あわせて読みたい

MUSIC

FASHION

CULTURE