謎のボーイング747の機体がネバダ州の砂漠で開催中の奇祭バーニングマンに現れる

8月28日から9月5日までアメリカ・ネバダ州の砂漠で開催されている天下の奇祭バーニングマンの会場に謎のボーイング747の機体が現れた。

 

今年のバーニングマンのテーマ「Da Vinci’s Workshop (ダ・ヴィンチのワークショップ)」にあわせて、「Big Imagination」という団体が「747 project」というプロジェクトを考え付き、飛行機の機体を砂漠に持ち込んだ。

Big Imaginationは1985年に製造されたボーイング747を世界最大級の動くアート体験に作り変えた。人々に衝撃を与えて、インタラクティブに全身で体験できるものを作ることが団体のゴールだ。人を乗せる飛行機を、夢を運ぶモノに変えようというのが今回の試みである。

バーニングマンの期間中、毎日ファーストクラスラウンジでは、世界の知のリーダーたちのトークセッションが行われる。また、バーニングマンがある平地を見渡せる場所に登ることもでき、夜はスペシャルなライブパフォーマンスが機体内部で行われる。

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

via designboom

related

野外音楽フェスの主催事業者による団体『野外ミュージックフェスコンソーシアム』が設立

日本全国では年間300件近く開催されており、数万人から数十万人を動員する大型イベントも多く存在する野外音楽フェス。昨年は、コロナウィルス感染症蔓延の影響により全国的に開催中止が続出、文化的にも経済的にも大きな損失を招いた。

イギリスにおける音楽フェスの参加者のうち50%以上が何らかの薬物を服用していることが明らかに

先日のJuice WRLDの死によって、再び浮き彫りとなった音楽シーンにおける薬物の問題。もはや、アーティスト側のみならずリスナー側にとっても他人事ではなくなってきているが、今回衝撃の調査結果が発表された。なんとイギリスにて開催された音楽フェスの参加者のうち50%以上の人々が何らかの薬物を摂取しており、さらにその半数以上が通常よりも多くの量と種類を服用しているというのだ。

フェスと旅をテーマにしたガイドブックが発売

フェスと旅をテーマに海外の音楽フェスに特化した、今までにない新しいガイドブック『THE WORLD FESTIVAL GUIDE 世界の海外フェス完全ガイド』が4月24日発売された。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。