Chief Keefを聴かせると泣き止む赤ちゃん

アメリカの掲示板サイトRedditで1本の動画が話題になっている。それは家の中で赤ちゃんが泣き叫んでいる様子を映したビデオだ。ここまでだとよくある微笑ましいホームビデオの1つだと思うだろう。

しかし次の瞬間人気ラッパーChief Keefの代表曲"3Hunna"壮大かつ凶悪なイントロが部屋で鳴り響き、Chief Keefが"Sosa Baby"と言葉を発する。その瞬間泣き叫んでいた赤ちゃんは一瞬にして真顔になり泣き止んだ。しばらくして曲を止めると、また赤ちゃんはグズりだし、曲をまた流すと再度泣き止むというのが2回繰り返される。

これはどういうことだろう。Chief Keefの声にそういった科学的な効果があるのか。"3Hunna"の凶悪なリリック(Chief Keefはおれは300のギャングのリーダーだと言っている)を理解しているということもなさそうだ。とにもかくにも、泣く子も黙らすChief Keef。さすがというしかない。

RELATED

ANARCHYが監督を務める映画『WALKING MAN』が製作発表 | 主役のラッパーは野村周平が演じる

ラッパーのANARCHYが初の映画監督を、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、梶原阿貴が脚本を書くオリジナル映画作品『WALKING MAN』が製作発表となった。

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。