ドローン撮影を使った初のファッション広告

ファッションキャンペーンは現在様々な趣向が凝らされている。トップアーティストを登場させたり、名優が出演していたり、新しいバリエーションを日々担当者は模索し続けているだろう。そんな中ロンドンのブランドCraig Greenが初めてドローン撮影を使用した2016AWのキャンペーン広告を製作した。

Ben Kelwayがディレクションを、Robbie Spencerがスタイリングを担当したこのキャンペーンは4~5人のモデルが砂漠か海岸のような場所に、折り重なるように寝ているところを頭上からドローンによって撮影されている。

Craig Green

Craig Green

Craig Green

ドローンによる撮影ということで、衣服のディティールの写り込み方や、1枚ずつの写真の完成度という点では広告写真的ではないものの、ドキュメンタリー的な新しい形のプレゼンテーションがなされている。日常的になりつつあるドローンを用いた撮影だが、今後も多くのファッション広告で使用されるようになるのだろうか。

Craig Green(楽天)

RELATED

ドローンを使ってケンタッキーフライドチキンをテイクアウト

家に何も食べるものがなくて、もう動けないくらいの状態の時って、誰しもが経験があるはず。そういう時に頑張って外出して食べ物を購入しに行くのも面倒くさい。ニュージーランドの男性がそんな時のための解決策を考えてくれた。

ドローンを使用してフェスティバル会場でのセクハラ対策

フェスティバルやライブ会場でのレイプやセクハラなどの犯罪に対して、ドローンを使用して監視、防止する方策が浮上している。

Amazonが飛行船を倉庫に!飛行船倉庫から小型ドローンで配達を行うシステムを特許取得

Amazonは飛行船をまるごと倉庫にし、そこからドローンで各家庭に荷物を配達するためのシステムの特許を取得していた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。