Adrian Sherwoodとにせんねんもんだいによるコラボミックスが登場

Adrian Sherwood(エイドリアン・シャーウッド)とにせんねんもんだいの今年初めのコラボレーションは陽気なプロポーションだった。どちらも世界的に尊敬され、名の知れたアーティストである。にせんねんもんだいは、東京を拠点に活動する3人組のインストバンドであり、ポストパンク~ノイズロック、産業的ミュージックから、近年ではミニマルやテクノな音源も発表している。イギリス人のAdrian Sherwoodはレゲエをルーツに、80年代からはダブシーンでも重要な役割を果たし、またプロデューサーとして、さらに自身も積極的に様々なプロジェクトに参加するなど、On -U soundで様々なアイデアを形にしてきた。

さて、彼らは次に何をみせてくれるのか?彼らがコラボレーションしたアルバム、『#N/A』は4月に発表され、今年の初めにはライブセッションも行われた。にせんねんもんだいの近年のアルバムはどんどんタイトに、変化を加えながら成長している。『#N/A』はさらに予測できないものになった。Adrian Sherwoodのミックスは彼女たちのジャムをさらに面白いものに変え、かつ新しい境地に立たせた。お互いにたくさんの事を学んできているようだ。彼らが共に作品を作り上げるということはすごく自然なことであろう。

彼らのXLR8Rのポッドキャストでは、カウントレスのスタイルとテンポにそったスタイル、この90分の中に、ノイズ、ニューウェイブ、テクノ、ヒップハウス、ロックやアシッドと、実に様々な音が含まれている。まさに彼らの経験が凝縮され、とてもエキサイティングですばらしいコラージュになっている。今回のミックスについてSherwoodは「自分はメタルダンスやポストパンク、エレクトロなど、ノンレゲエにフォーカスしたかな。最初の50分は自分のセクションで、プロデュースもリミックスもやった。Terry Rileyからはどれもにせんねんもんだいがピックしたチューンになってる。」と答えている。

今後についてにせんねんもんだいは、「9月にはOn-U SoundからEPが発売されるよ。Adrianとのセッションは含まれていないんだけど、とある有名なヒーローがリミックスを手がけてくれてる。まだ名前は言えないけどね!」と答えSherwoodは「今はPinchと新しいアルバムを制作してるところだよ。Coldcut recordのものがNInja Tuneからリリースされる。あとはLee’’Scratch’’Perryの80歳を祝っての計画もあったり、まだ公表されてないAfrican Head Chargeのものもあるね。」と答えている。ミックスは下のプレイヤーで聴くことができる。

RELATED

様々なアルバムのアウトロだけを集めたミックステープ『The Outro Mixtape』

ロンドンのDJ/プロデューサー、Deejay Moscaが『The Outro Mixtape』をSoundcloudで公開。様々なアルバムの”Outro”というトラックだけで作ったDJミックスになっている。

DJ MAYAKUによる和物からDiplo、Miles Davisまでを横断するコラージュ的なDJミックス

DJとして活動し、ビートメイカーとしてもPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』やコンピレーション『LIFE LOVES THE DISTANCE』にもビートを提供、さらにS̸とのコラボワークでも知られるDJ MAYAKUによる最新ミックス『CUNT RAIN』が公開された。

RAMZAやDISKAH a.k.a. DEE、KTYLなどの作品が展示されるエキシビジョン『DAILY TOWN』

Bushmindなどのアーティストに作品を提供してきたnoiseがキュレーションするエキシビジョン『DAILY TOWN』が、10/24~10/30まで、東京・半蔵門ANAGRAで開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。