フィードバックでどんどん美味しくなるAIとアルゴリズムを備えたビール!?

INTELLIGENTX BREWING社は、AIとアルゴリズムを利用してユーザーのフィードバックをビールの醸造過程に応用する製品を発表した。

近年のAIとアルゴリズムの進化にはもう驚くことはないが、いよいよ私達の生活を分かりやすい形で変えてくれるようになってきた。今日紹介するAIはインターネット上の情報のやり取りだけに終わらない。私達はAIとのコミュニケーションを通じて、ビールの品質改良に携わることになる。

ビールをより美味しくするためにユーザーはAIと会話をしてフィードバックを提供する。その仕組みとは以下のようなものである。

IntelligentX

・ ユーザーはまず4本のビールを飲む
・ Facebook Messenger上にあるチャットbotと呼ばれる人工知能に、その4本の味などについてフィードバックを伝える
・ そのフィードバックはアルゴリズムに送られ、次回のビールの醸造方法に反映される
・ ユーザーは次回、より美味しいビールを手にすることができる
という仕組みだ。

IntelligentX

創業者のHew LeithはこのAIとビールの利点を以下のように語る「このAIの仕組みは、すべてのカスタマーを一つの部屋に集めて、彼らからそれぞれ意見を聞くようなものだよ。そして膨大なデータを簡単な形でまとめてくれる。人間がやったら時間もかかるし、とてもむずかしいことだよ」と語った。

intelligentX

IntelligentXビールはすでに11回のフィードバックを受け、現在12世代目になっている。次の回が始まるまでの12ヶ月間、今現在もフィードバックを集め、より良いビールを目指している。IntelligentXはゴールデン、アンバー、ペール、ブラックの4種類。一本4.5ポンド(600円)で販売されている。

Facebookのメッセンジャーを利用したAIの数は数千を超えており、ユーザーと企業らのコミュニケーションが行われる場所となっている。AIに関連する記事はこちらからチェック。

RELATED

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

UKドリルのミュージックビデオが暴力的だとして警察当局の申し立てによりYouTubeから削除される

Chief Keefなどシカゴのラップミュージック=ドリルの影響を受け、UKで独自に進化したUKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されてしまった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。