PUBLIC LABO BLOCK PARTYスペシャルレポート

5/5快晴となった晴海客船ターミナルを舞台に世界と時差の無い音楽、ファッションを中心としたユースカルチャーを体感できる新感覚のブロックパーティーとして開催されたPUBLIC LABO BLOCK PARTY。世界ナンバーワンターンテーブリストのA-Trak、LAから新たなギャングスタラップシーンを創造するYG、全世界待望のアルバム『Konnichiwa』リリース直前という絶好のタイミングでの来日となったグライムキングSkeptaをはじめとして世界中からあらゆる才能が集まった1日をドキュメント。

写真 横山純(クレジットのないものはオフィシャルカメラマンが撮影)

PUBLIC LABO BLOCK PARTY
Photo By Jun Yokohama

PUBLIC LABO BLOCK PARTY

世界でも有数のファッション、音楽メディアであるHYPEBEAST/HYPETRAKのエディターであるArthur Yetiや韓国のストリートカルチャーを牽引するクルーDEADENDのメンバーでもあるKINGMCK、RED BULL Thre3style 2013 World Championに輝いたDJ Shintaro、ヒップホップシーンのみならずファッションシーンにも影響を与えるトップクルーA$AP MOBからA$AP Lou & A$AP J SottによるCozy BoysなどのDJプレイでフロアの空気が温まってきたところで登場したのが急遽出演が決まったANARCHYだ。

PUBLIC LABO BLOCK PARTY
DJ Shintaro
Cozy Boys
Cozy Boys

PUBLIC LABO BLOCK PARTY

ANARCHYはクラウドを煽るようなMCをはさみながらもHabanero Posseプロデュースのバウンシーチューン"Shake Dat Ass"や7月にリリースされる新作『BLKFLG』からのトラックも披露するなど堂々たるパフォーマンスをみせた。

Anarchy
Anarchy
Anarchy
Anarchy
PUBLIC LABO BLOCK PARTY
Photo By Jun Yokohama

そしてANARCHYがつくりあげたテンションを受けて満を持して登場したのがLAは"Bompton"の新しい世代を代表するラッパーのYGだ。盟友Slim 400を伴って代表曲である"My Nigga"、"Left, Right"などのトラックで緩くも濃厚な西海岸のバイブスを振りまき、途中ではギャルをステージ上にあげワイニーを行うかと思えばDonald Trumpをディスしたことで話題になっている最新曲"FDT"ではクラウドにも中指を突き立てさせるなど、タイトさも随所でみせたYGにしか作りえない空気感のステージだった。

 

YG
YG
YG
YG
YG
YG

YG

PUBLIC LABO BLOCK PARTY
Photo by Jun Yokohama

PUBLIC LABO BLOCK PARTY

その後にプレイしたA-Trakは世界ナンバーワンターンテブリストとしてのスキルとトレンドセッターらしいさすがの選曲で"Panda"や"Jumpman"などの最新ラップヒットやパワフルなトラップチューンまでを多彩なテクニックで矢継ぎ早にミックスし続けた。A-Trakの華麗なプレイとともに会場は日が落ちてきてムードが満点になり、クラウドの熱気もさらに高くなっていった。

A-Trak
A-Trak
PUBLIC LABO BLOCK PARTY
Photo By Jun Yokoyama
A-Trak
A-Trak
A-Trak
A-Trak

PUBLIC LABO BLOCK PARTY

完全に日が落ちた晴海のステージに最後に姿を現したのがグライムキングと呼ばれアルバム『Konnichiwa』のリリースを翌日に控えたSkepta。Shorteeを伴ったステージではYGのいい感じの緩さは一切なくドッシリと構えたストイックなパフォーマンスを披露。アンセム"Shutdown"や"That's Not Me"はもちろんSkeptaのクルーBoy Better Knowのメンバーで実弟のJMEによる"Man Don't Care"もプレイされるなどグライムの魅力や世界を伝えるには完璧なライブだったのではないだろうか。

Skepta
Skepta
Skepta
Skepta
Skepta
Photo By Jun Yokohama
Skepta
Skepta
Skepta
Skepta
Skepta
Skepta

これまで日本ではあまり触れる機会のなかったストリートミュージックシーンの最前線を作るMCやDJが顔を揃えた、PUBLIC LABO BLOCK PARTY。現行のグローバルなストリートカルチャーが持つエネルギーや可能性を十二分に感じることができた1日になったのは間違いないだろう。そしてなんと当日会場だけで販売されていたNYのLQQK STUDIOがデザインを手がけた限定Tシャツ、パーカーがたくさんのリクエストにより急遽オフィシャルWeb Storeで販売されることに。今回は行けなかったという人もこれを着て次回の開催を待つのもありかも。

20fab7b86467850b8054
PUBLIC LABO BLOCK PARTY 2016ver. colorways BLACK WHITE sizes S~XL price 5000yen +tax
c21a4ec752afd5089ba3
PUBLIC LABORATORY BOX LOGO TEE colorways BLACK WHITE sizes S~XL price 5000yen +tax

visitor00034

 

DSC03089
Photo By Jun Yokoyama

visitor00001

 

RELATED

A-TrakとZeddとの間でSheck Wes "Mo Bamba"を巡る論争が発生、その状況に"Mo Bamba"のプロデューサーであるTake-A-Daytripがコメント

そのあまりにユニークなバイブスで今年を代表するヒット曲の一つとなったSheck Wesの"Mo Bamba"。シンプルな構成ゆえに賛否両論のある同曲だが、そこに人気EDMプロデューサーのZeddが噛み付いた。

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

A$AP RockyがOtis Reddingのソウル名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを披露

今年アルバム『Testing』をリリースしたA$AP Rockyが、名ソウルシンガーのOtis Reddingが1968年にリリースした名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを、Triple Jの名物カバーシリーズで披露した。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。