サウンドクラッシュの祭典Red Bull Culture Clashの出場チームが発表

様々なジャンルのドリームチームが一同に介しサウンドクラッシュスタイルでしのぎを削るRed Bull Culture Clashが6月17日(日本時間6月18日未明)にロンドンで開催される。その出場チームがRed Bull Music Academyより発表された。

2014年に開催されてから1年半振りに開催されるRed Bull Culture Clashのロンドンラウンド。前回のグライム代表のBoy Better KnowチームとDavid Rodiganが率いるRebel Soundの死闘も記憶に新しい。4つのドリームチームが今年も各ジャンルの威信を掛けてとびきりのダブプレートを用意して、頂点を目指す。

グライム勢からはWileyが率いるEskimo Danceチーム。そして海を超えてブルックリンのオルタナティヴ・ダンスホールレゲエレーベルのMixpak。HipHop枠からWiz Khalifa & Taylor Gang。謎のチーム、UKG(UKガラージ) ALL STARSが参戦することが明らかになった。

Red Bull Culture Clashは日本ではあまり馴染みのないイベントかもしれないが、すでにアリーナ席のチケットは完売。前回も直前でチケットが定価の2倍以上の値段で売り買いされるなどする超人気イベント。2014年も世界中のファンがライブストリーミングを視聴しながら実況を楽しんだ。

2014年の優勝サウンドRebel SoundのDavid Rodiganが「A$APはジョーク」と貶しまくるのはサウンドクラッシュ歴35年の老獪さと痛快さの賜物だ。

 

今年は一体どんなドラマが待っているのだろうか?RED BULL CULTURE CLASH 2016の詳細はこちら

RELATED

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】ShintaroとMarzyが共謀するオンラインパーティ『PLUG (24 HOURS)』

世界的ターンテーブリストのDJ Shintaro、そしてストリートを賑わせるDJのMarzyは、実はプライベート含めて親密な仲。意外な組み合わせの彼らが中心となった、24時間ブッ続けのパーティが10/6(土)昼12時からRed Bull Music Studios Tokyoで配信されることになった。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】『LOST IN KARAOKE』出演者のカラオケの持ち歌

Red Bull Music Festival Tokyoの一環としてカラオケボックスのビルをまるっと借り切ったライブストリーミング配信イベント『LOST IN KARAOKE』が、2018年10月2日(火)19時にカラオケ館西武新宿駅前店から配信される。プライベートに限りなく近い空間で、新気鋭のアーティストを中心にしたラインナップによる、普段よりも親密なパフォーマンスがネット越しに見られるはずだ。

ゆるふわギャングやMARZY、向井太一、Licaxxxなども登場するRed Bull Music Festival Tokyo 2018のCMが放送中

Red Bullによる都市型音楽フェス『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018』の開催に伴い、出演アーティストが登場する新CMが8/27からテレビ、及び渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンなどで順次放送中だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。