MIN-NANOとDIGAWELのコラボレーションで「Eco-cashmere Sweater」が登場

DIGAWELとMIN-NANOの恒例のコラボレーションはDIGAWEL 22AW COLLECTIONでも展開されていたEco-cashmere Sweaterが別注で登場する。

カシミヤ原毛には柔らかい糸として使える毛と差し毛(太く糸として使えない毛)があり、このセーターは限りなく差し毛に近い原毛を原色のまま丁寧に紡績した無線色カシミヤのエコカシミヤを使用している。サイズは通常のものに加えMIN-NANOサイズが登場し、左胸にMIN-NANO刺繍が入っている。

イメージビジュアルでは女性はDIGAWELの通常サイズ(size1)、男性はMIN-NANO別注サイズのGを着用している。

related

MIN-NANOとNEW ERAのコラボレーションキャップが発売

東京・池ノ上からさまざまなカルチャーを発信するMIN-NANOとNEW ERAのコラボレーションキャップが発売される。

MIN-NANOのエクスクルーシブコレクションがDOVER STREET MARKET GINZAとウェブショップで販売

DOVER STREET MARKET GINZAで4/9(土)に池ノ上に店舗を構える最重要ショップMIN-NANOのエクスクルーシブコレクションが発売となる。

BEAMS Tの20周年企画でAURALEE、JAZZY SPORT、MIN-NANO、WHIMSY SOCKSなど12組のブランドとコラボ|リリースイベントにはBudaMunkが登場

2001年に「ART FOR EVERYDAY」をテーマに掲げ誕生したTシャツ専門のレーベル BEAMS Tがで20周年を迎える。アニバーサリー企画第2弾として、BEAMS Tと所縁のある12組のブランドとのコラボレーションアイテムが発売となる。 AURALEE × BEAMS T Swea...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。