オオクボリュウの初のガラス作品 「SAPPY GOOSE」 が20作限定で販売開始

ウェブメディアSUB-ROSA(サブローザ)にて、オオクボリュウ初のガラス作品「SAPPY GOOSE」が、20作品限定で受注生産販売される。

作品はオオクボリュウが描いた線画のスケッチをもとに、北海道江別市のガラス工房・45工房の職人が一つひとつ手作業で立体化。中空の竿の先に熱したガラスをつけ、息を吹き込んでふくらませながら成形する「宙吹き」という 手法で形作られた作品は、色の入り具合や細工の形など、一体ごとに異なる表情も特長のひとつ。 伸びやかな曲線とユーモラスな表情が楽しい、時が経っても色褪せない普遍的な魅力を称えたオブジェである。

またWebメディアSUB-ROSAにて、オオクボリュウ氏と45工房の職人・柿崎均のインタビューが公開中だ。今後はオオクボリュウ氏のガラス作品第2弾の他、イラストレーターanccoによるフラワーベースの販売を予定している。

Info

SUB-ROSA Official Store:https://store.sb-rs.com/products/sappy-goose

インタビューURL:https://sb-rs.com/article/678

related

U-zhaan × 環ROY × 鎮座DOPENESSの新曲"おでん"のオオクボリュウが手掛けたMVが公開

オオクボリュウが手がけた、U-zhaan× 環 ROY× 鎮座 DOPENESSの新曲"おでん"のMVが公開された。 オオクボリュウは、イラストレーションとアニメーションの分野で活躍するアーティストであり、D.A.N. やMndsgn、PSG、星野源のMVや、Benny Singsのアートワ...

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

彫刻家・小畑多丘の平面作品のクロニクルとなる初の作品集が刊行

国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘のドローイングをはじめとした平面作品のクロニクルとなる初の作品集『Spectrum of the Move』が刊行される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。