新型コロナウイルスの影響で危機に瀕した国内のライブハウスやクラブ、アーティストなどへのクラウドファンディングの総額が3億円以上に

新型コロナウイルスの感染拡大は、全国で緊急事態宣言が発令されるなど収束の兆しがみえない。拡大と共に真っ先に大きな影響が出たのがイベント自粛を求められたライブハウスやクラブ、それに興行を自ら主催するアーティストなどだ。

イベントの開催ができない状況の中で、ライブハウスやクラブ、アーティストなどはストリーミング配信など、新しい施策に乗り出しているが損失を補填するまでには至っていないのが実情だろう。そんな中でベニューや損害を被ったアーティストたちの一部はクラウドファンディングをスタートしている。クラウドファンディングサイトCAMPFIRE‎に問い合わせたところ、新型コロナウイルスサポートプログラムの中で音楽関係のプログラムは100件以上で、4/15までに総額で3億円以上の金額が集まっていると明かしてくれた。

CLUB METROのクラウドファンディングページ。すでに目標の3倍以上の金額が集まっている

これは横浜アリーナでの無観客ワンマンライブを決行したBAD HOP(総額7,800万円以上を集め3/31に終了済み)や、FNMNLでも取り上げた福岡のクラブKIETH FLACK(現時点で600万円以上)や、京都のCLUB METRO(現時点で1,200万円以上)なども入っている。

ファンや関係者の熱意によって、ベニューが存続しアーティストが今後も安定した活動ができるようになる共助のシステムが機能しているのは、そこに本来の意味でのコミュニティーが形成されているからだろう。しかし多くのベニューがクラウドファンディングを行わざるを得ない理由には、そこに公助の視点が欠けているからということも改めて指摘しておかなければならない。東京都をはじめ地方自治体は独自の休業補償へ向けた動きをスタートしているが、国は未だに休業要請をした業種に対しても補償は現実的でないと否定をし続けているのが現状だ。

 

 

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。