福岡の名門クラブKIETH FLACKが再開に向けてクラウドファンディングをスタート

今年で26年目を迎える福岡のクラブKIETH FLACKが、新型コロナウイルスの影響による営業自粛を受けて、存続支援を呼びかけるクラウドファンディングを開始した。

親不孝通りと呼ばれる音と酒が飛び交う九州有数のナイトスポットに位置し、オールジャンル/老若男女、様々な層のアーティストやミュージックラバーから支持され、街のクラブ/ライブハウスとして親しまれてきた当店。立ち上げから今に至るまで、移転、風営法による営業時間の制限など、様々な問題を乗り越えて来たが、今回の先行きの見えない休業の危機を前に、存続に向けて支援を募る事となった。

リターンにはドリンクチケットをメインに数種類を用意。ドネーションにもステッカーが付き、今回のスローガンに相応しい「PARTY AGAIN」をテーマにしたNEWロングスリーブ、そして年間パスやスペシャルレンタルなどラインナップされている。それらのデザインは全て福岡在住のイラストレーターToyamegによるものだ。

クラブやライブハウスにイベントホールなどが真っ先に自粛要請の対象となり、収束後の再開のタイミングも気になる中、少しでも接点や感じるものがある人はキャンペーンページを開いてみてほしい。

 

Info

クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/255636

プロジェクト 『SAVE!! KIETH FLACK!! ~PARTYを続けたい~』

概要
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、KIETH FLACKは4月からの営業を休業する決断に至りました。大変心苦しいお願いではありますが、店舗存続に向けて、皆様のご支援を何卒お願い致します。

期間
2020年4月11日(土)12:00~2020年5月17日(日)23:59

リターン一例
・ステッカー
・ドリンクチケット
・ロングスリーブTシャツ+ドリンクチケット
・年間パス
・スペシャルレンタル

KIETH FLACK

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-28
マジックスクエアビル 1/2F

TEL&FAX 092-762-7733

WEB
http://www.kiethflack.net

E-MAIL
information@kiethflack.net

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。