アメリカでのライブイベントの再開可能時期について専門家が「現実的には来年の秋ごろ」と語る

新型コロナウイルスことCOVID-19の流行に伴い世界的にロックダウン、ないしは外出自粛が行われている昨今。ライブイベントやクラブイベント等が次々と中止となる中、音楽関係のイベントを従来同様に開催することが可能になる時期について専門家が見解を述べている。

New York Timesの特集記事に登場したペンシルバニア大学の生命倫理学者のジーク・エマニュエル氏によると、現在の感染防止策が継続され検査が拡大すれば外出制限等は今年の6月に解除される、との見込みを示した。一方で音楽のライブやスポーツイベントなど人々が高い密度で集まることについては、「経済の再起動は段階的に行われなければならず、人々が低いリスクで復帰するためには、作業の現場でより物理的な距離を置くことから始めなければなりません。建築物の中や製造業、オフィスなどでは、6フィート(約2メートル弱)の距離を維持できる場合に限り、より早く再開することが合理的です。しかし大規模な集会や会議、コンサート、スポーツイベント、会議や卒業式を2020年10月にリスケジュールすると言われても、それにどういった根拠があるのか私にはさっぱりわかりません。私は、これらのイベントの再開は最後になると考えています。現実的には、早くても2021年の秋になるのではないでしょうか」と語っている。

要するに通常のオフィスワークなどは人々が一定の距離を置いて継続出来る場合に限り再開が可能になるが、不特定多数の人々が集合するようなイベントは感染の状況がさらに落ち着くのを待たなければ再開にリスクが伴う、との主張である。エマニュエル氏は感染症医学の専門家ではないためこの主張にも疑問点はあるが、もちろん人々が高い密度で集まるような場を再びオープンすることに慎重であるべきだ、との議論は一理あると言わざるを得ない。

先が見えない新型コロナウイルスを巡る現在の状況。とにかく慎重な考え方を持つことが身の安全に繋がることは確かだろう。

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。